かどさんとウクレレ

ウクレレジャカソリストかどくらたかひろ38才会社員のブログ。働きながらマイペースで演奏活動を行っています。4 Strings For Life. 生活のすぐそばに音楽を。ウクレレを弾いて毎日をおだやかに。。。

聖者の行進(solo ukulele)

 聖者の行進(When The Saints Go Marchin' In)アップしました。ウィキペディアによると、この曲もディキシーランド・ジャズとの事。何を持ってディキシーとするかは分かりませんが、覚えておきます。短い曲なのでライブをやるときのアンコール曲用ですかね?

基本的にカマテツさんのジャカソロ本に載ってる譜面で弾いてます。
簡単に弾けるように変えてますが、ポイントは
■キーGなので、4弦開放をところどころに使ってます。
■3連を好きなところに入れまくってます。

コレでジャカソロ本の難易度5段階表示で1。先は長いです。
またジャカソロ本からレパートリーを増やしていこうと思います。

アップした動画も結構増えてきました。
だんだん慣れてきたのか、家の中でいい撮影ポイントを見つけました。
今回も手元がよく見える動画を撮れました!!

ジャカソロ本

ジャカソロ本_ カマテツさんのジャカソロ本、僕のバイブルです。

約3年前に入手しこの本で高速3連を覚え、繰り返し練習してきました。CD紹介もあって読み物としても、楽しく読めます。この本で知ったオータさんのLEGENDARY UKULELEもウクレレ協会のつながりで聞くことが出来ました。ウクレレ協会のshu-sanに高速4連も直々に教わり、さらにジャカソロへの道の遠さを感じました。

本はついつい買いすぎてしまい、このジャカソロ本も久しぶりに開きましたが、今見てもまだまだ弾けない曲が多いです。それにしてもこの本は難しい。少しは弾けるようになってきたと思ってますが今でも難しいです。
収録17曲中練習してない曲はまだ10曲もあるので練習のしがいがあります。
こういった中級者向けの本がもっと出てきてくれると嬉しいです。

最近は自分のアレンジで弾いていたので、自分で出来ることしかしていませんでした。
レベルアップを目指して、数曲コピーをして行こうと思っています。
とりあえず聖者の行進をアップ予定。

カマテツさんの生演奏は2回だけ聞いたことがありますが、脱帽です。
またどこかでライブやらないでしょうか?

ローリングココナッツ#45

45_表~1 出ましたローココ#45
今回は身近に感じる記事が多いです。

■三井さん
僕の愛器ミツレレの作者三井さんが出てます。コレでミツレレの知名度もかなりアップですね。しかも三井さん作成のウクレレをジェイクが持ってます。ジェイクの使用ウクレレと言えばカマカのみなので、これは貴重な写真です。しかも、そのウクレレは使用済み割り箸からのリサイクル品。すごいの一言です。音はどうなのでしょうか?実際に音を聞いたジェイクラブの方にお話聞きたいですね。

■今野英明さんインタビュー
先日ライブ見ました。
インタビューではNutscoウクレレを持ってますが、ライブではバンジョーウクレレ使ってました。ライブ後少しお話させていただきましたが、バンジョーウクレレはネットで2,3万で買ったそうです。弾かせてもいました。重いのですが大きい音が出ました。演奏はパーカッションとピアニカのトリオでしたが、ウクレレはマイクで十分音を拾えるそうです。あたたかみのある声でオススメのアーティストです。

■あみぐるみウクレレユニットU900
表紙にもなってるウクレレユニット。Uと900の2体のあみぐるみからなるユニット。
何故彼らを身近に感じるかと言うと、実は。。。


僕もあみぐるみ編むんです。


ウクレレケースにも自分で編んだあみぐるみつけてます(笑)あみぐるみも編めるウクレレ弾きの男子率はかなり少ないはずです。この2点が線になるとは思っていなかったので彼らの登場にはビックリさせられました。あみぐるまーとしては彼らの活躍を願うばかりです。

ちなみに、1月に妹が結婚するのでウェルカムベアー編みました。
DSCF2291
ハートもあみぐるみです。幸せになっておくれ!!

ウクレレに関係のないオチですみません。。。

国分寺クラスタにて

ae31b91726a001f93e3c398fec63f196
 12/5にLele de Bossaのウクレレ勉強会・ウクレレレッスンに参加している皆の発表会に参加してきました。僕はレッスンに通っていないのですが、NUAの先輩きまさんのお誘いを受け急遽繰り出しました。

Lele de Bossaは名の通りウクレレでボサノバを演奏します。オシャレです。その生徒さんたちもオシャレアレンジで弾きます。僕にはない世界、テンションコードが美しかったです。

またキワヤのウクレレコンテストファイナリストのda-imaさんとテクニック賞の田中井さん、ハワイであいま賞のボンタナさんの演奏も聞けました。
da-imaさんはリベルタンゴなど多彩な曲を美しいビブラートを使いながら、
田中井さんはスターダストなどオータさんの曲をジャジィなコードワークで
ボンタナさんはボブディランの風に吹かれてを素朴なアレンジで聞かせてくれました。

みなさんお上手な上に、いろんなジャンルの演奏を聴けたのでいい刺激を受けることが出来ました。子供が出来て足が鈍くなりますが、今後もいろんなイベントに行けたらと思います。

ちなみに僕もオリジナルの『かなたへ』と『手のひらを太陽に』の2曲を弾かせてもらいました。
やはりステージは緊張します。


皆さんありがとうございました。また顔を出せたらと思います。
写真はきまさんのブログから拝借した物を少しトリミングしました。

Tatsuya Mitsui Type R

 僕のメインウクレレを紹介します。
Tatsuya Mitsui Type R。まずは全体写真。
DSCF2282
作者はukulele studio七里ガ浜の三井達也さん。
鎌倉は七里ガ浜に工房を構えウクレレを作っています。
最近ではソニーのエコプロジェクトの一環で割り箸ウクレレを作った方でもあり、今注目のルシアーの一人。三井さんのウクレレは通称『ミツレレ』と呼ばれています。

ミツレレにはボディタイプが6タイプあります。僕のはType R。
スケール390mm 14フレットジョイントで15フレットまで。
ソプラノよりボディは少し大きいですが、大まかに言うとソプラノロングネック。
木はトップ、サイド、バック、ともにコアです。

細部を見て行きます。
DSCF2273
ヘッドは特徴的な形で箱根細工も入っています。一目でミツレレと分かります。
ペグはグローバー製のストレート。チューニングは安定しています。

次にジョイント部周辺。
DSCF2274
14ジョイントで15フレットまでなので、よくストラムする箇所にフレットがありません。
このためストラムは非常にやりやすいです。ジャカソロ好きな僕にはうってつけな設計です。これもミツレレならでは。

サウンドホールの周りにも箱根細工はいってます。
バインディングは内側から白-黒-白-黒-べっ甲。

写真右側の塗装がストラムではがれています。穴があくまで弾いていきたいです。
穴が開くまで弾いて、開いたら三井さんにピックガードつけてもらう予定です。

次はちょっと暗いですがラベル。
DSCF2275
Rの文字とナンバーが入ってます。
約3年前でNo.103。月に2〜3本ほどの作成ペースのようです。

ブリッジ
DSCF2276
ブリッジは結び目で引っ掛けるタイプ。
ルックス的には結ぶのが好きですが、コチラの方がボディーに振動を伝えやすいそうです。
何度かブリッジから弦が外れてしまい怖いので、現在は結び目にビーズかましてます。
サドルは1,4弦と2,3弦で調整されています。

おしり
DSCF2279
ココの箱根細工はヘッドとおそろいです。
2009.10.22箱根細工を一つつぶして(涙)三井さんにピックアップをつけてもらいました。
ピックアップは三井さんオススメのMi-Si Acoustic Trio。サドル下のタイプです。
もっぱらストラップかけるだけに使っていますが。。。

ちなみに、バックにもべっ甲バインディングはいってます。

弦はGHSブラックナイロン。
いろいろ試しましたが最初から張られたGHSを現在(2009.12)使っています。
もちろんこれからもいろんな弦を試していきますが、ブラックナイロンがお気に入りです。

コアならではのくっきりした音で、程よいサスティーン。
ボディは薄いですがよく鳴ってくれています。

つたないレポですが、YouTubeでどこのウクレレか聞かれることが多いので書きました。
外人さんは読めないでしょうが。。。

2011年4月に三井さんにリペアしてもらい、かっこ良く生まれ変わりました。
詳しくはコチラへ!!
プロフィール
記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
訪問者数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メッセージ

名前
メール
本文
twitter