かどさんとウクレレ

ウクレレジャカソリストかどくらたかひろ38才会社員のブログ。働きながらマイペースで演奏活動を行っています。4 Strings For Life. 生活のすぐそばに音楽を。ウクレレを弾いて毎日をおだやかに。。。

ワークショップ&ミニライブ
●日時 2017/6/25[日]13:00open、13:30start
●場所 ゆうひやアコースティックライブ 東武伊勢崎線館林駅徒歩6分 群馬県館林市本町三丁目2-26
●料金 2,500円 ウクレレをレンタルする方は別途200円
●予約 電話 070-5569-8296 丹羽信夫(にわのぶお) メール pololon@niwalele.com

Ukulele Swing Trio 『Sunset Breeze』

 ウクレレスイングトリオの3rdアルバム。
Sunset Breeze

おなじみのハワイアンを中心に
ジャズも含めオリジナル曲が
みごとなアレンジで仕上がっています。

特にハネたリズムの
「♪珊瑚礁の彼方に」がお気に入りです。

ハワイのナ・ホク・ハノハノ・アワード」に
2ndアバム『My Favorite Things』がノミネートされ、
ノリに乗っている3人。

CDもいいのですが、
バンドならではのライブも必見。

以前はディバイザーのソプラノを使っていた
ウクレレのスインギー坂野さんは
ハワイのKoAlohaとエンドース契約も結んだようで、
関東にも頻繁に遠征されています。

2017/5/7は銀座山野楽器KoAlohaデー。
トリオでの演奏が無料で見れるようです。

ライブ見たらCD買いたくなっちゃいますよ〜


・Ukulele Swing Trio Official Website
http://jbsb2008.wixsite.com/ukuleleswing
・UKULELE SWING TRIO 『My Favorite Things』
http://kadokuratakahiro.blog.jp/archives/52143113.html
・CDレビュー『Ukulele Swing Trio / COMIN' HOME』
http://kadokuratakahiro.blog.jp/archives/52161671.html


Ukulele Swing Trio / Sunset Breeze
ウクレレスイングトリオ
ステップスアールイー(JB MUSIC)
2017-04-19


2017年4月の読書

 新年度の忙しさもあって
3冊しか読めなかったけど
話題作の「蜜蜂と遠雷」を含む全3冊。

どれもおもしろい本でオススメです。
GWの選書に役立ててみてくださいm(_ _)m


2017年4月の読書メーター
読んだ本の数:3冊
読んだページ数:828ページ
ナイス数:78ナイス

https://bookmeter.com/users/168044/summary/monthly


■蜜蜂と遠雷
ピアノの演奏シーンの描写が特にすばらしく、めちゃくちゃ面白かった。作者は音楽を言葉で表現するとは、「なんて無謀なことを」と思ったが、「なんと音楽と言葉は似ていることか」に変わったとのこと。(17.1.24読売新聞より)言葉は楽譜のようなものだ。自分で音を言葉にするのは難しいが、恩田さんの文章からは、確かに音楽が臨場感豊かに聞こえました。ウクレレ弾きとして琴線に触れる言葉がたくさんあり、めずらしく小説にふせんがたくさん付きました。
読了日:04月17日 著者:恩田 陸

ブログではもっと詳細書いてます。
・蜜蜂と遠雷
http://kadokuratakahiro.blog.jp/archives/52176002.html


蜜蜂と遠雷
恩田 陸
幻冬舎
2016-09-23



■紅茶の時間 The Teatime Book
イラストのかわいさとは裏腹に、内容はかなりの本格派。産地別の茶葉の特徴やおいしい淹れ方から、ミルクティーにあうミルクの項では牛乳・低温殺菌牛乳、加工乳についてなどていねいに解説されています。紅茶に対する熱い想いも伝わりますが、巻末の【「おいしい紅茶を飲むには、どうしたらいいんですか?」「まず、家に帰ります」】のコピーや、磯渕猛さんとの対談での「日本で紅茶を広めるためには、味や品質を追求するのも大事だけれども、生活に取り込んでいくことが大切」との考えに共感します。
読了日:04月14日 著者:山田 詩子
紅茶の時間 The Teatime Book
山田 詩子
KADOKAWA/メディアファクトリー
2015-02-27



■読書について 他二篇 (ワイド版岩波文庫)
3編収録のうち「読書について」目当てで読み始めたけど、「思索」が一番グサッときた。『単なる経験と思索の関係は食べることと消化し同化することの関係に等しい。熟慮を重ねることによってのみ、読まれたものは真に読者のものとなる。食物は食べることによってではなく、消化によってのみ我々を養う。』トゲのある文章だが、訳者によるあとがきの『わかることと賛成することは別である』の一文で腑に落ちた。
読了日:04月03日 著者:ショウペンハウエル




▼読書メーター
https://bookmeter.com/

ALOHAフェス@国分寺「旬」終了しました!

 国分寺の居酒屋「旬」で行われたイベント
ALOHAフェスでウクレレ演奏してきました。

170430ALOHA fes

フラのあけみさんとの共演は7回目。
新曲も披露できたし、
毎回楽しく演奏させてもらってます。

ALOHAフェス

占いや物販ブースもある会場で
スタート直後はざわついた雰囲気でしたが、
徐々に皆さんの注目が集まってきたのには
演奏者冥利につきました。

ポキ

演奏後は海鮮ポキを食べながら
他の出演者さんたちのフラも満喫。

あけみさんとご一緒して約1年。
ハワイアンも少しづつ耳なじみが増えてきました。
次は2017年9月、
昭島アロハカーニバルでのステージです!!

モスバーガーのセイロンティー

 モスバーガーでは「キリン午後の紅茶」の監修も行う
紅茶研究家、磯淵猛氏セレクトの紅茶が飲めるんです。

この日飲んだのはルフナ。
カラメルソースのような
ちょっと焦げた甘さを感じる紅茶です。

モスのルフナ

フタ付きのマグカップで茶葉をしっかり蒸らせます。
また、ティーバックを置くのにも使えます。

モスが紅茶に力入れていることがよくわかる
こんな動画も見つけちゃいました↓
https://youtu.be/EP3vr6cKs14

セイロン紅茶5大生産地
●ウバ ●キャンディ ●ルフナ ●ディンブラ ●ヌワラエリア
のうち、ルフナとキャンディが飲めるモスバーガー。
どちらも単品250円とお手頃価格なのもうれしいです。


・モスバーガー公式サイト
http://mos.jp/
・モスバーガーのティーバックをお持ち帰り!
http://kadokuratakahiro.blog.jp/archives/52146263.html
・紅茶の日におすすめ、皆さんご存知のあの店のレモンティーが変わりました!
http://kadokuratakahiro.blog.jp/archives/52125834.html

Seilenのモバイルミニベース、レビュー

2017.4.13に購入したEMB-800P PG Yellow。

EMBとは?

弦長530mm、重さ2kg、
ネック幅やブリッジピッチは今までの
ロングスケールのベースと変わらないけど、
全体的にはかなりミニサイズなエレキベース。
国際的な評価も高い名工、
高橋信治氏のプライベート工房
セイレン弦楽器工房の製品です。

Seilen EMB



ボディ

ピックガード付きのアルダーボディ。
肩とおしりにストラップピンがついてます。
ジャズベタイプのピックアップはオリジナルのもの。
ノブは2ボリューム1トーン。
木目を活かしたボディが多いEMBですが、
ぼくの限定色のイエローはステージ映えしそうです!

EMB PICK UP



ネック

メイプルネックのローズウッド指板 。
21フレットまで。
指板のポジションマークは4弦側についてます。

フレット間隔ももちろんミニ。
ハイフレットでは少しきゅうくつですが、
縦移動が減るのは大きなメリットです。

普通のベースからの持ち替えには
もちろん慣れが必要ですが、
ウクレレベースのゴム弦に比べれば
すぐ慣れると思います。

EMB NECK



ブリッジ

ブリッジだけ見ると普通のベースと変わりません。
右手は普通のベースとほぼ同じ感覚で弾けます。
ブリッジ側の弦が少し細くなっているのがわかります

EMB BRIDGE



ヘッド

Seilenのウクレレと似たヘッド。
こちらもペグ近くで弦が細くなってるのがわかります。

EMG HEAD



ペグ

モバイルベースのために作られた
後藤ガット製の専用ギアペグ。

EMG PEG




特殊なナイロンシルクの芯線に
金属線を巻いて作らたドイツ製の専用弦。
短いスケールなのに重低音を出せる秘密は、
この弦にあるそうです。

EMB STRINGS on nylon
弦の袋にはウクレレベースって書いてあります。

弦の始めと終わりが細くなっているためか、
1、2弦を指で弾くと弦が少し回転します。
ちょっとだけ違和感がありますが、
さわり心地は普通のエレキ弦と変わりません。

2017.4現在、4弦1セットで税込み8,640円。
価格が高いのは仕方がないですね。
今後売れまくって値下がりするのを期待します。


EMB STRINGS



ウクレレとの比較

何と言ってもこのサイズが魅力的。
ウクレレと比較しても全く大きく感じません。

今までもショートスケールのベースはあったけど、
弦から開発して圧倒的な小ささを実現したEMB。
おもちゃ扱いされそうだけど、
この小ささから出る低音を聞けば逆に目立ちそうです。

EMB & UKULELE




エレキベースなので生音はほぼなし。
アンプにつなげれば
その見た目からは想像もできない低音が響きますが、
まだ使用者が少なく、実用例が少ないですね。
普通のドラムセットと合わせて弾いてみたいです。

Roland AC-33につなげて弾いてみました↓
自宅なのでボリューム控えめですが、
イヤホンなどで聴いてみてください。

https://www.instagram.com/p/BTJk7yThxJi/



まとめ

12万円台から売られているモバイルベース。
個人制作家作の楽器と考えれば適正価格だと思います。

まだまだ使用者は少ないですが、
山下達郎バンドでもベースを弾く
伊藤広規さんも使っていることからも
その完成度がうかがえます。

ここまで小さいベースになったのは
ウクレレも作る弦楽器工房、セイレンだからこそ。

このサイズなら、
ベースとアンプを持っても十分移動できるし、
カフェなどで演奏することも多い
今のニーズにもあっていると思います。

リビングに置いておいても違和感なし。
ちょっと弾きたい時にもすぐ手にとれます。

元々ベースを弾いてましたが、
ウクレレを買ってからは
ベースからずっと遠ざかっていました。

でも、EMBを買って約2週間。
毎日少しでも弾いています。
お気に入りの楽器だと毎日さわりたくなるんですよね(^^)


今はCDに合わせて弾いてますが、
誰かベースでバンドに誘ってくださ〜い!


・Seilen Electric Mobile Bass
http://seilen.co.jp/emb-
プロフィール
記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
訪問者数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メッセージ

名前
メール
本文