2012/10/22から始まった勝手にジャカソロWS。
譜例をこなしていくことで「Happy Birthday To You」を弾けるように練習します。
【過去の投稿】
勝手にジャカソロワークショップ〜課題曲発表
勝手にジャカソロWS〜譜例1:ストラム
=====================================

 今回からは実際にジャカソロ譜面で練習していきます。
まずは譜例2↓。クリックすると拡大します。
譜例2

で、今回のポイント3つ。
【1】メトロノームを使う
え〜前回と一緒です。使いましょうww

【2】口に出してみる
え〜前回と一緒ですww今回のフレーズは
♪ドシラソ♪ファミファソ♪ドーーー♪ドーーー です。
まずメロディーだけをくちずさんで見ましょう!!
譜例の上段がメロディーだけで、下段がそのジャカソロver.です。
ジャカソロでは上下3小節目のように全音符でもジャカジャカと弾き続ける事がよくあります。
ジャカジャカ弾いていても頭の中では伸ばした音をイメージしましょう。

【3】ミュートをしっかり
コレが今回一番のポイント!!譜面の×印がミュートをする所です。
ミュートってなに?この×ってどう弾くの?と言う方も多いですよね。

ミュートとは左手の指で弦に触れたままで弾くことです。(※押さえるのではなくさわるだけ)
譜例2では1弦を左手薬指でミュートします。しっかりした音は出ず、ポコポコした音がします。
2弦でメロディーを弾いてる時、1弦で音を出さない事でメロディを聞き取りやすくなります。
詳しくは動画を見て下さい。

動画です↓。まずはメロディを口づさみ、譜例を弾いています。
そのあとにミュートを理解しやすいようにゆっくり何度も弾いています。

左手の人差し指の付け根がネックについたままになっているのが大切です。
ここはウクレレポイントと呼ばれ、ウクレレを構える時に非常に大事なポイント。
詳しくは渡辺直則先生の名著『いつでもどこでもウクレレ弾こうよ』をご覧下さい。

今回はここまで。
次回はコードGの時のジャカソロフレーズを紹介します。
勝手にジャカソロWS〜譜例3:左手の小指