僕のジャカソロの基本をグッと凝縮したのがこの譜面です↓
基本の譜例

コード進行は定番のC-F-G7-C。
左手の押さえ方もみなさんよくご存知のC-F-G7だと思います。


https://youtu.be/PqWQQGw3-JA

違うのはところどころに出てくる4弦だけの箇所。
ここを右手親指で弾きます。
すべてを人差し指だけでストラムするのではなく、
弾き方を変えて強弱を付けるのが狙いです。

この際、律儀に4弦だけを弾かなくても大丈夫。
左手がコードをしっかり押さえてさえいれば、
3弦や2弦の音が出ても変な響きにはなりません。

これは、バトキン奏法と呼ばれる高速3連ストラムへのステップとなるだけではなく、
3小節目、G7の所のジャカソロフレーズにも使われています。
1拍目(1弦から2120)は人差し指で普通に♪ジャン
2拍目(4弦だけ0)は親指で弾く
3拍目(1弦から0120)は人差し指で普通に♪ジャン
4拍目(1弦から2120)は人差し指で普通に♪ジャン
2120は1弦から順に薬人中指で押さえ、3拍目だけ薬指を浮かせて0120にします。

このG7-Cのフレーズは汎用性が高いです。
最後にCコードで終わるときなどにぜひ使って見てください。

コードを押さえて4本の弦すべてを弾くだけでなく、音数を減らして強弱を付ける。
それだけでなく、ジャカソロにもなる。
そんなに難しくはないフレーズなのでぜひ弾いてみてくださいね〜(^^)

バトキン奏法にはかなりの反復練習が必要だと思いますが、
この4弦だけを親指で弾くと言うのを身につけるとバトキン奏法への近道になると思います。


今後開催予定のジャカソロワークショップではこんなことを解説させてもらいます。
2015年、9/20(日)金沢、9/21(月祝)福井、11/1(日)東京で開催予定。
詳細はHPのスケジュールにてご確認ください!興味ある方はぜひ!!