斎藤孝著、『天才の読み方』より
芸術家は往々にして自己を大きく見てそれを自分の自信にするようなところがある

痛いところをつかれた気がします(^_^;)
2003年の著書でところどころ古さを感じますが面白かった!