僕の迷いに迷った末の結論はL.R.Baggs SESSION ACOUSTIC D.I。
イコライザーでの積極的な音作りと言うより、感覚的で手軽なセッティングが特徴的ですね。
決め手はコンパクトさとミュートスイッチ。
Session DI

僕のミツレレにはアクティブ・プリアンプMi-SiのAcoustic Trioが搭載されてます。
アクティヴ・プリアンプ内蔵のアンダーサドル・ピエゾピックアップは
それ単体で出力不足を感じることなく、今まではPA直に繋いでました。

正直、それで音に不満はなかったんです。
月1ペースくらいでライブをしていますが、
実際にラインでPAに繋いで演奏する機会なんて
アマチュアのぼくには年に何回もないですし。

そんななか購入に至ったのは、
メインのミツレレに不具合が生じた時のための
磁石で簡単取り付けできるコンタクトピックアップマイクMSPを使うことを考慮して。
また、今年買ったU-BASSにも使えるのも購入を後押ししました。

そして一番欲しかった機能がミュートスイッチ。
セッティングが完了したあとに一旦アンプのボリュームを絞っていたのですが、
これからはボタンひとつで音が消せます。
ライブ中にクリップチューナーでチューニングするときにも使えますね。

対抗馬としてはPure Ukuleleのピュアウクレレ
ちびピュアのサイレントスイッチ付きのモデルとは大いに迷いましたが、
ライブ会場のDIにつなぐのに2本のケーブルを持参しなくてはいけないのがネックでした。
荷物はなるべく少なくしたいんです(^_^;)
※アンプにつなぐなら2本持ってかなきゃいけないんですけどね

購入の決めては上記理由で、音に対する要望は少ないんです。
今まで様々なプリアンプで試奏してきましたが、
音はPAも含めたそのセッティングで大いに変わるので、
今後も試行錯誤していかなきゃいけないですね。
でも、プリアンプを通すだけでも音がよくなっている気がします。

セッティングや音に関しては下記JazoomCafeうっちーさんのブログでどうぞm(_ _)m
・【LR・Buggs新商品】Session Acoustic D.I.解析!
http://ameblo.jp/jazzoomcafe/entry-12035514557.html


皆さんのプリアンプ選びの指針になれば幸いです。
それなりにお値段のするものを買いましたが、
また新しい商品が発売されたら気になってしまうんでしょうね(^_^;)




・L.R.Baggs Session Acoustic D.I
http://www.jes1988.com/lrbaggs/sessiondi/
・Pure Ukuleleを試奏して来ました
http://kadokuratakahiro.blog.jp/archives/52045140.html
・LR Baggs PARA ACOUSTIC D.I.使ってみました。
http://kadokuratakahiro.blog.jp/archives/52040039.html
・高品質なプリアンプ
http://kadokuratakahiro.blog.jp/archives/52122028.html
・アクティブのピックアップならプリアンプはいらない!?
http://kadokuratakahiro.blog.jp/archives/52139925.html