一生かかっても極められそうにないものだからこそ、
やめるのではなくやる価値がある。

羽生善治著「迷いながら、強くなる」より
”ライフワーク”という言葉がありますが、これくらいの時間を費やせばできると思うより、成果や結果を期待せずに続ける意義を感じることができれば、それこそが周囲の評価をものともしない絶対的な評価です。