ワースのクリア弦CM。
ナイロンよりテンション高めで張りのある音を狙ってのチョイスです。
image

フロロカーボンは釣り糸素材としておなじみで、
最近では色んな種類が販売されてますね。
長年ウクレレ弾いてる方にはフロロ弦と言えば
ワースと言う方も多いのではないでしょうか?

個人的にはかなり久しぶりのフロロ弦。
「ミツレレにはナイロン弦」という固定概念ができていたので、
状況打破を狙いたいと思っていました。

張り替えたばかりは結構弦が伸びます。
安定するまで2,3日かかりました。
GHSブラックナイロンに比べてすこしテンション高いのは狙い通りだけど、
肝心の音はしゃらしゃら、しゃりしゃりでぼくの求めるジャカジャカ音ではなかった。

低音の響き方が物足りなく感じたので、
半音下げチューニングにしてみるとちょっといい感じ。

しばらくライブ予定もないので、
もう1本のミツレレでも普段なら使わない弦を試してみようと思っています。


下記リンク、もう6年も前のブログですがコメント欄も面白いですよ〜
・釣り糸の弦
http://kadokuratakahiro.blog.jp/archives/51728336.html