かどさんとウクレレ

ウクレレジャカソリストかどくらたかひろ38才会社員のブログ。働きながらマイペースで演奏活動を行っています。4 Strings For Life. 生活のすぐそばに音楽を。ウクレレを弾いて毎日をおだやかに。。。

楽器・機材

2017/7/30[日]ウクレレピクニックにて16時50分くらいから20分ほど、キワヤブースにてミニベース弾きます。ぜひ聞きに来てください!

ウクレレの弦を3ヶ月ぶりに交換、フェーン弦

 ミツレレの弦を最近お気に入りの
FOEHN(フェーン)に交換しました。

P_20170707_222556_HDR

フェーンはブラックナイロン弦。

GHSブラックナイロンの
音と低価格なのも気に入っているのですが、
あまりに悪い弦があるので
困っていた時に見つけたフェーン。

多分GHSと同じ素材で、
弦の太さも似たり寄ったりだと思います。
音はGHSととても似た感じです。

あとは精度がどれほどのものか?
1個(¥493)、3個(¥999)、6個(¥1860)と
まとめ買いするほどお得なので
今度は6個セットを買って
じっくり検証していこうと思っています。

Amazonのレビューでは
音が合わなかったとのコメントもありましたが、
今回ぼくが張り替えたものは大丈夫でした!


・FOEHN(フェーン)
http://foehn.jp/
・かどさんとウクレレ - ウクレレ弦 
http://kadokuratakahiro.blog.jp/archives/cat_50029886.html
・低価格ながらかなりいいウクレレ弦みつけちゃったかも、FOEHN(フェーン)弦
http://kadokuratakahiro.blog.jp/archives/52130233.html



ハンクラ2017、デザインが好きなウクレレ

 まずはアマチュアウクレレビルダーズクラブの
カラフルなパイナップルウクレレ。
真冬のみんなのウクレレ展の常連で
最新のローリングココナッツ(#74)でも
記事になっている志波さんの作品です。
志波さん


カラフルなペーパーウッド合板を
くり抜いてトップとバックを貼ったもの。
色がついたところが紙素材だそうです。
横からみると合板ならではの美しさが楽しめます(^^)
志波さん細部



お次もアマチュアウクレレビルダーズクラブの
ブースからcheezyukulele石井さんの作品。
PAITITI石田英範氏によって描かれた
トレードマーク”Cheezy”をあしらった
リッケンバッカーシェイプに、
きはらようすけさんの筆によるビートルズのイラスト。
ずっと壁に飾っておきたいウクレレですねw
Chezy BEATLES



最後はSeilen高橋信治社長による
端材をモザイクに仕立て上げたエレキウクレレ。
Seilen モザイク

ハンクラにはいつも意欲作を持ってくる信治さん。
T's Ukuleleの製造も行う経営者的視点と
個人ブランドSeilenでの製造も行う
唯一無二の視点から作られるウクレレには
いつも驚かされます。

捨てるにはもったいない木材が
すばらしいウクレレへと変貌をとげるとは(@_@)
ウクレレ屋さんの店主が自分用に買っていったそうです!


ウクレレってこんな小さいボディなのに
様々なデザインを受け入れられて、
本当に楽しい楽器だなと思います(^^)


・CHEEZY UKULELE
http://www.cheezyukulele.com/
・Seilen / Shinji Takahashi
http://seilen.co.jp/

ハンクラ2017、おもしろかったウクレレ

 まずは何と言っても弦弦トムテのビートル!
このカブトムシシェイプのインパクトが凄かった。
弦弦トムテ ビートル

トップ側から見ると
普通のパイナップルシェイプで
音も抜群にいいです。
いろんな昆虫で応用が利きそうですね(^^)
弦弦トムテビートルトップ



お次はShikagawa Music Instrumentsシャケレレ。
北海道のお歳暮の定番、新巻鮭の木箱を用いたウクレレ
鮭箱の素材はトドマツで、ケースも同じ木材。
シャケレレ

インパクト抜群ですね(^^)
同じ鮭箱で作られたカホンもあるようです!


最後はクラフトムジカ高山さんの1本。
機械的なデザインが多いヘッドレスに
ウクレレらしいデザインを!
との思いから生まれた玉ねぎシェイプ。
クラフトムジカたまちゃん

ウスレレの元祖でもあるクラフトムジカが
より小さくなることでの
可搬性向上を求めたヘッドレス化。
試作第一号とのことで今後の進化も楽しみです。

ペグはココ。
クラフトムジカたまちゃんペグ


次回はデザイン部門をお届けします!


・弦弦トムテ
http://www7b.biglobe.ne.jp/~mnh26944/
・Shikagawa Music Instruments - シャケレレ
https://www.shikagawa-mi.com/shakelele-aramaki
・CRAFT MUSICA
http://www.craftmusica.com/

ハンクラ2017、音が気に入ったウクレレ

 今回一番のお気に入りは
Sumi工房のマーチン3Mのレプリカ。
sumi 3M

ソプラノサイズなのに
ハイフレットでも弾きやすく
ずっと抱えていたいウクレレでした。

くびれの少ないディットソンマーチンは
容積が増えることで、よりふくよかな音でした!
sumiディットソン

ちょっとしたボディシェイプの違いで
見た目も音もガラッと変わるのがおもしろい!


お次は僕も愛用している
ウクレレスタジオ七里ヶ浜
mitsui2017

独自のミツレレサウンドを
毎回聞かせてくれます。

同じシェイプで作っても
毎回いい音でというのは難しいと思うんです。
そんな中、安定したサウンドを
生み出し続けてる制作家だと思います。
個人的殿堂入りです!
※愛着もひとしおなので
偏見なしには見られないのですが(^_^;)


そういった意味では
浜松の本郷さんも殿堂入りです。
hongoh2017

コンサートとテナーは素晴らしい鳴り方。
新作のバリトンもラインナップされてました。

楽器屋さんではなかなか見ることのない
本郷さんのウクレレですが、
ハンクラで毎年絶賛しています。
ミツレレ持ってなかったら
本郷ユーザーだったかもしれません。

次回はおもしろウクレレを紹介します!


・ウクレレスタジオ七里ヶ浜
http://www.ukulelestudio.jp/
・手工ギター製作工房/本郷
http://www2.odn.ne.jp/hongoh-guitar/
・Sumi工房(紹介ページ)
http://www.hobos-g.com/makers/stocklist1.htm

ハンドクラフトギターフェス2017に行ってきました

 毎年恒例の展示会。
今回もおもしろいウクレレが
たくさん出展されていました。
20170521001_original


一番目立っていたのは弦弦トムテのビートル。
その名の通り、裏がカブトムシです。
くり抜きボディだからなせる技。
おもてから見たらパイナップルで、音もいい。
デメリットはハイフレットを弾くとき
角が邪魔になるくらいですね。
1495400326


奏者として今回一番のお気に入りは
Sumi工房のマーチンシェイプのウクレレ。
展示の何本かは福井ウクレレクラスタと
七里ヶ浜のQuite villageで取り扱うそうです。
IMG_1001



変わり種もたくさん!
鮭ケースから作られたシャケレレ。
IMG_1030



茶位ギターは珍しい色の木材
パープルハートを用いたウクレレ。
これで着色していないそうです。
製作者のお姉さん自ら
モデルになってもらいました!
IMG_1020


ニューアルバム発売したばかり、
関西の鈴木智貴くんのライブ
IMG_0995


キヨシさんのライブも!
IMG_1031


ギター伍々慧さんのライブも最前列で見ました!

ビルダーさんをはじめ
アーティストが普通に歩いていますし、
お友達ともたっぷり楽器トークできるのも魅力です。

ウクレレ持って旅に出るミニ写真集も
見せてもらいました。
長野や飛騨の街中で見れるそうです。
20170521020_original


小物もたくさん
IMG_0985


製作者の顔や人がらが見える展示会。
今年も満喫しました。
まだまだある紹介したいウクレレはまた後日!

お疲れさまでした。KANPAI!
20170521065_original

Seilenのモバイルミニベース、レビュー

2017.4.13に購入したEMB-800P PG Yellow。

EMBとは?

弦長530mm、重さ2kg、
ネック幅やブリッジピッチは今までの
ロングスケールのベースと変わらないけど、
全体的にはかなりミニサイズなエレキベース。
国際的な評価も高い名工、
高橋信治氏のプライベート工房
セイレン弦楽器工房の製品です。

Seilen EMB



ボディ

ピックガード付きのアルダーボディ。
肩とおしりにストラップピンがついてます。
ジャズベタイプのピックアップはオリジナルのもの。
ノブは2ボリューム1トーン。
木目を活かしたボディが多いEMBですが、
ぼくの限定色のイエローはステージ映えしそうです!

EMB PICK UP



ネック

メイプルネックのローズウッド指板 。
21フレットまで。
指板のポジションマークは4弦側についてます。

フレット間隔ももちろんミニ。
ハイフレットでは少しきゅうくつですが、
縦移動が減るのは大きなメリットです。

普通のベースからの持ち替えには
もちろん慣れが必要ですが、
ウクレレベースのゴム弦に比べれば
すぐ慣れると思います。

EMB NECK



ブリッジ

ブリッジだけ見ると普通のベースと変わりません。
右手は普通のベースとほぼ同じ感覚で弾けます。
ブリッジ側の弦が少し細くなっているのがわかります

EMB BRIDGE



ヘッド

Seilenのウクレレと似たヘッド。
こちらもペグ近くで弦が細くなってるのがわかります。

EMG HEAD



ペグ

モバイルベースのために作られた
後藤ガット製の専用ギアペグ。

EMG PEG




特殊なナイロンシルクの芯線に
金属線を巻いて作らたドイツ製の専用弦。
短いスケールなのに重低音を出せる秘密は、
この弦にあるそうです。

EMB STRINGS on nylon
弦の袋にはウクレレベースって書いてあります。

弦の始めと終わりが細くなっているためか、
1、2弦を指で弾くと弦が少し回転します。
ちょっとだけ違和感がありますが、
さわり心地は普通のエレキ弦と変わりません。

2017.4現在、4弦1セットで税込み8,640円。
価格が高いのは仕方がないですね。
今後売れまくって値下がりするのを期待します。


EMB STRINGS



ウクレレとの比較

何と言ってもこのサイズが魅力的。
ウクレレと比較しても全く大きく感じません。

今までもショートスケールのベースはあったけど、
弦から開発して圧倒的な小ささを実現したEMB。
おもちゃ扱いされそうだけど、
この小ささから出る低音を聞けば逆に目立ちそうです。

EMB & UKULELE




エレキベースなので生音はほぼなし。
アンプにつなげれば
その見た目からは想像もできない低音が響きますが、
まだ使用者が少なく、実用例が少ないですね。
普通のドラムセットと合わせて弾いてみたいです。

Roland AC-33につなげて弾いてみました↓
自宅なのでボリューム控えめですが、
イヤホンなどで聴いてみてください。

https://www.instagram.com/p/BTJk7yThxJi/



まとめ

12万円台から売られているモバイルベース。
個人制作家作の楽器と考えれば適正価格だと思います。

まだまだ使用者は少ないですが、
山下達郎バンドでもベースを弾く
伊藤広規さんも使っていることからも
その完成度がうかがえます。

ここまで小さいベースになったのは
ウクレレも作る弦楽器工房、セイレンだからこそ。

このサイズなら、
ベースとアンプを持っても十分移動できるし、
カフェなどで演奏することも多い
今のニーズにもあっていると思います。

リビングに置いておいても違和感なし。
ちょっと弾きたい時にもすぐ手にとれます。

元々ベースを弾いてましたが、
ウクレレを買ってからは
ベースからずっと遠ざかっていました。

でも、EMBを買って約2週間。
毎日少しでも弾いています。
お気に入りの楽器だと毎日さわりたくなるんですよね(^^)


今はCDに合わせて弾いてますが、
誰かベースでバンドに誘ってくださ〜い!


・Seilen Electric Mobile Bass
http://seilen.co.jp/emb-

ウクレレも充実の品ぞろえ、LAST GUITAR@阿佐ヶ谷

 店名は「ラストギター」だけど、
ウクレレも多数在庫しています。

ウクレレコーナーの一角には
DAVID GOMES、Lo Prinzi、JUTLA
Martin、imua、 Kanile'a、Craft Musica、
Voyager Guitars、弦々トムテなどなど
通好みの品揃えです。
ukulele@LAST GUITAR



耐久性と音響特性を考えて
ポリカーボネートで作られた
白と黒のアウトドアウクレレは、
はじめてのウクレレとしてもよさそうです。
ukulele2@LAST GUITAR


店長の小山さんは黒澤楽器で
本店店長、アコースティックギター部門リーダー、
海外買付等を経験後に独立。
個人制作家の工房を直接尋ねるなど、
本当に売りたいものが
店頭に並んでいるのではないでしょうか?

インターネットでポチッとすれば
なんでも買えるこの時代、
「何を買うか?」ということと同じくらい
『誰から買うか?』ということも大切だと思います。

もちろんギターもたくさんあります。
店内@LAST GUITAR


この看板が目印です。
LAST GUITAR


JR阿佐ヶ谷駅から向かう道中は
賑やかなパールセンター商店街を
通って行けるので楽しいです(^^)

先日、Seilenモバイルミニベースを買ったのもここです。


・ラストギター
http://lastguitar.com/
・小山晃弘さん|すぎなみ学倶楽部
http://www.suginamigaku.org/2014/12/koyama-akihiro.html
・阿佐ヶ谷パールセンター
http://www.asagaya.or.jp/
・2年越しの思い、セイレンのモバイルミニベース買っちゃいました!
http://kadokuratakahiro.blog.jp/archives/52175552.html


2年越しの思い、セイレンのモバイルミニベース買っちゃいました!

 2017/4/13購入のSeilen EMB-800p。
カスタムオーダーの限定イエローモデル!!
メレカリMMB

メレカリキマカ2015に出展されていたモデルで、
当時はお値段も高いし手を出さなかったんです。
上記写真は2015年に試奏した時のもの。

それからと言うものの
元ベーシストの血が騒いだのか、
ブログでもたくさんネタにしてきました。

・Lele-baseを試奏してきました!
http://kadokuratakahiro.blog.jp/archives/52124045.html
・ベースをリペアに出しました。
http://kadokuratakahiro.blog.jp/archives/52115614.html
・ウクレレベース?ポータブルベース?
http://kadokuratakahiro.blog.jp/archives/52074034.html
・KALAのU-BASS買っちゃいました!
http://kadokuratakahiro.blog.jp/archives/52144529.html
・セイレンMMB、グッドデザイン賞受賞おめでとうございます
http://kadokuratakahiro.blog.jp/archives/52165863.html


誰かが買ったものとばかり思ってましたが、
阿佐ヶ谷にある楽器屋さん、
ラストギターが仕入れていたことを知ると
「かどさんの元に来るのを待っていたんだ!
これは運命に違いない!!」
などと囃し立てられ、
満を持して購入しちゃいました。

セイレン高橋信治社長作の楽器を持ちたい
とずっと思っていたこともありますが、
ルックスだけでもメロメロだったんです(^^)
ベースで弾きたい曲がある訳でもないのに。。。

MMB@LAST GUITAR
ネクタイ姿の貴重なショットw

ベースの詳細についてはまた後日。

・Seilen Electric Mobile Bass
http://seilen.co.jp/emb-electric-mobile-bass

3弦だけワースのフロロカーボン弦に交換

 GHSの3弦が調子悪かったので
1本だけフロロ弦にしました。

3rd Fluoro

見た目的にはキライですが、
音的には違和感がありません。

ソロ奏者のぼくにとっては
メロディをよく担当する1、4弦が重要で、
1弦と4弦が違う種類の弦だと
きっと違和感があると思います。

4本の弦のうち1本だけ替えただけなら
ブラインドで聞き分けられる自信はありません(^_^;)


・やっぱりGHSの精度が低い件orz
http://kadokuratakahiro.blog.jp/archives/52174868.html

充実のウクレレラインナップ、島村楽器八王子店

 結婚10週年のお祝いに、
ホテルでディナーを食べてきました。

と、その前に八王子の楽器屋さんに寄り道。
最近ウクレレに力をいれてる島村楽器。
八王子店は店長さんがウクレレ好きのようで、
ラインナップも特に充実しているとのことです。
島村楽器八王子


自社ブランドのKA'ALAとHanaleiを中心に
T's、KIWAYA、KoAlohaやKakumaeなど、
初心者向けから通好みの逸品まで幅広い品揃え。

ウクレレも弾くYouTuber瀬戸弘司さんを迎えてのトークショー、
共演させてもらった小竹遼くんのセミナー&ライブ、
はじめての方向けのWSやオープンマイクなど、
イベントも盛りだくさんのお店で楽しそうです。

この日試奏させてもらったのは
セイレンのモバイルミニベース。
元ベーシストの血がさわぎます。
MMB@八王子


この日買ったのはCDだけですが、
近々ミニベース買ってしまいそうです(^_^;)


・島村楽器
http://www.shimamura.co.jp/
・島村楽器 八王子店
http://www.shimamura.co.jp/hachioji/


プロフィール
記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
訪問者数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メッセージ

名前
メール
本文