かどさんとウクレレ

ウクレレジャカソリストかどくらたかひろ38才会社員のブログ。働きながらマイペースで演奏活動を行っています。4 Strings For Life. 生活のすぐそばに音楽を。ウクレレを弾いて毎日をおだやかに。。。

楽器・機材

10/7[日]オープンマイク@昭島フローラカルチャークラブ
■14:00 open / 15:00 start ■出演者1,500円(1 drink付き)、観覧のみ500円(1drink付き)
■JR青梅線昭島駅南口徒歩1分 東京都昭島市昭和町5-6-20 サンリコー昭島3F

Ukulele ShopTANTAN お茶の水店OPEN

 2018年3月10日、
楽器街お茶の水にオープンした
ウクレレショップタンタンに行ってきました。

JR御茶ノ水駅徒歩1分という立地のよさ。
アロハを着てウクレレ弾いてる
ジャンゴラインハルト(?)が目印です。

P_20180418_181031


カクマエ、カマカ、アストリアス、イムア、
ビッグアイランド、ショップオリジナルのものや、
フェイマスなどの入門機も多数そろっていました。

P_20180420_182350


ビンテージのマーチン3Mがあったので
ちょっとだけ試奏させてもらいました。

P_20180420_182418

バックの補修跡が目立つけど
バツグンの鳴りが魅力的でした!


近くに所用で来たついでで
ゆっくりはできなかったけど、
店員さんはいろいろ教えてくれたし
なんにも買ってないのにオープン記念で
ショップオリジナルのフロロ弦と
シールをいただいちゃいました(^^)

お茶の水散策スポットがまた一つ増えてうれしいです!


・ウクレレ専門店 Ukulele ShopTANTAN お茶の水店
https://www.tantanukulele.com/

オルカスハード弦

 ミツレレの弦を
黒いフロロカーボンにチェンジ。
はじめは弦がよく伸びるので、
ペグを回すのが怖かったです(^^;)

P_20180404_215007

ハードゲージをチョイスしたのですが、
それでもナイロン弦と比べて細かった。

その差0.05mmくらいなんですけど、
ちゃんと判別できる人の感覚ってすごいです。

で、テンションはちょっと強め。
音はナイロン弦っぽくて色も黒だから
言わなければフロロ弦とは思わないかもしれません。


以前ライトゲージ弦を使ってみて好印象だったので
ハードゲージ弦も使ってみたのですが、
当然ながら太さ以外の印象は前回と同じでした。

弦って音だけでなく、
太さやテンションがいかに大事かを再認識しました。


オルカスのフロロカーボン弦レポ
オルカスとGHSでミックス弦


大阪にある通好みのすごい店、Ukulele Gallery by basis records

 こんなラインナップのお店
どこにもないんじゃないでしょうか!?

P_20180302_145742

イイヴィ、コウラウ、ライマナ、Gストリングス、
バリーメイドやペガサスなど、
特にハワイ産の品ぞろえがすごすぎでした。

日本製はミツレレや松井ウクレレの他に
オリジナルブランドのKOUウクレレもありました。

スプルーストップ、
ハカランダサイドバックの
ベルシェイプKOUウクレレが素晴らしかった!

P_20180302_145736


大阪本町にあるウクレレショップ。
どーんとソファーがおいてあるのは
レーベルオフィスに併設されたお店だから。

P_20180302_145726


ウン十万するウクレレが
そこらじゅうにあって、
初心者の方は入るのにも
勇気がいるかもしれませんが、
通な方にはかなり目の保養になるお店です。

ホームページも情報満載で
見てると行きたくなっちゃいますよ(*^^*)


・Ukulele Gallery by basis records
https://www.basisrecords.com/ukulele/

基地の街、福生の楽器工房「キャットロック」

P_20180125_133303_vHDR_Auto

 近所なのに初訪問でした。2018/1/25

ウクレレYouTuberれんさんが
愛機を買ったお店でもあります。
Antarとは、れんさん渋いとこ行きましたね(^^)
https://youtu.be/Je1QWYHonm8

楽器の卸業も行っている店で、
池袋ウクレレマニアはキャットロックの系列店。
ウクレレの品揃えはマニアにはかなわないけど、
中古品も含め、マニアックな品が転がってました。

このウスレレ↓はオリジナル商品とのこと。
低価格ながら弾きやすいし、音もよかった。

P_20180125_132544_vHDR_Auto


リペアも対応してくれるので、
これからもお世話になりそうです。


・楽器工房.Cat Rock..
http://catrock-guitar.com/



系列のウクレレマニアで
今度ワークショップを行います!ぜひ!!
ジャカソロワークショップ
■日時 2018年3月18日(日)11時〜13時
■場所 池袋ウクレレマニア 
■料金 2,000円
■予約 ウクレレマニア 03-6915-2236

18 ウクレレマニア

弦交換、サバレスからGHSへ

 サバレスのフロロカーボンから
GHSブラックナイロンに弦交換しました。

今回のセットは精度悪くなかったです。
P_20171227_224325_vHDR_Auto

サバレスはテンション高めでGHSはゆるめ。
僕はちょっとテンションゆるめの
ブラックナイロン弦じゃないと
うまく弾けません。

張りのある音を出してみたくて
サバレスを使ってみたけど、
長く持ちませんでした(^_^;)

ウクレレって弦によって
音がガラッと変わるけど、
その違いを弾き分けるには
かなりのテクニックが必要だと思います。


サバレスは張りのある大きな音だったけど、
テンションが高すぎて
ぼくには弾きこなせませんでしたorz





Famousブラック弦

 2ヶ月ぶりに弦替えました。
アランフェス社製で、
GHSブラックナイロンと
同じ太さですね。

P_20171115_094233_vHDR_On

音はぼくの大好きな
ザ・ブラックナイロン。


GHSと太さも手触りも同じ。
素材もたぶん一緒だから、
違うのは価格、パッケージと
精度くらいではないでしょうか?


今度メーカーごとの
太さ比較表を作ってみようと思います。


・かどさんとウクレレ - ウクレレ弦
http://kadokuratakahiro.blog.jp/archives/cat_50029886.html#



初めてのウクレレ選びをお手伝い

 創業98周年のキワヤ商会に
これからウクレレを始めたいという
お二人と一緒に行ってきました!
[画像:c63f8789-s.jpg]

色々と解説するつもり満々でしたが、
さっちゃん店長の対応&説明が完璧で
ただの付き添いになった感じですね(^^;)

[画像:1fcc70c4-s.jpg]

やわらかい音が好みとのことで
マホガニーボディのFamousのFS-1Gと
ウクレレならではの
パイナップルシェイプを気に入って
FamousのFS-4GPをチョイス。

決めた後に数台並べて
木目や音で気に入ったものを選べるのは
販売元であるキワヤ商会ならではの特典です!

[画像:953311d2-s.jpg]
P_20171105_153815_vHDR_On


フェイマスは
同機種を持ってる人が多いから
シールでカスタマイズするのが
オススメとのこと。
P_20171105_160125_vHDR_On

指板用の猫シール。
フレットの所がしまになってます。
こんなのあるの知りませんでした(@_@)

ウクレレ用プリアンプ、
Pure Ukuleleは新作も含め
全3種類そろってました。
P_20171105_144555_vHDR_On


さっちゃん店長の解説で
Famousウクレレの特徴も
よく理解できたし、
自分用に弦やCDも買えて
大満足の付き添いとなりました(^^)


・KIWAYA | キワヤ商会
http://www.kiwayasbest.com/
・ウクレレはじめての1本は?
http://kadokuratakahiro.blog.jp/archives/52183253.html



ロメロ・クリエイション試奏会レポ

 ダニエル・ホーのアイデアを盛り込んだ
XS SOPRANOウクレレがよかった。
P_20171022_141326_vHDR_Auto

島村楽器八王子で行われた
Daniel Ho ライブ&ウクレレ試奏会で
たくさん弾いてきました。

P_20171022_154106_vHDR_Auto (1)

↑写真左がロメロ・クリエイションの
フラッグシップモデル【TINY TENOR】
テナースケールのコンサートサイズ。

写真中央【XS SOPRANO】は
ソプラノスケールでベビーサイズ。

写真右【GRAND TENOR】は
一般的なテナーを一回り大きくしたサイズ。

写真は全部コアですが
マホガニー、マンゴーもあり
それぞれ3種の木材で展開しています。

Tiny Tenorはダニエル・ホーの
”音を犠牲にすることなく、
コンサートサイズのテナーウクレレを
作ることはできないだろうか?”
という発想からできたウクレレ。

より持ち運びやすくするために
長さを短くすることを
重要ポイントにしたそうで、
ヘッドがかなりコンパクト。

大きいサウンドホール、
ブリッジ周辺の振動面積を十分に残す
独特な三角形ボディと
トップ板を貫通している
スルーホールブリッジを採用して
小さいボディでも音に妥協はなし。

ですが、個人的な感想としては
このTiny Tenorには
あまり魅力を感じませんでした。

ちょっと大きいコンサートと言った印象で、
日本ならありそうなサイズ感だし、
ルックスが好みではありません。

しかし、それが小さくなると
話は変わってきます。
【XS SOPRANO】↓は好きです。
P_20171022_152526_vHDR_Auto

ボディが小さくなると
とたんに可愛らしく見えるから不思議。

小さいくせに
14Fジョイントで
独特な三角形ボディは
ハイフレットも弾きやすいです。

音はかなり個体差があった印象。
ダニエル・ホーも弾いていた
ウクレレはかなりいい音でした。

ロメロ・クリエイションは
ギター&ウクレレ製作家
『ペペ・ロメロ』によって設立された
ブランドとのことで、
個人制作家の作品と思いましたが、
これらはすべてベトナム製。

P_20171022_152639_vHDR_Auto

お値段はこの作りなら
安いと感じました。
※7万〜10万円くらい
HPに定価載ってます

あと、小さいけど厚いです。
ボディが厚いから鳴るんだけど、
厚いから可搬性は低いと思います。
専用セミハードケース付き。
P_20171022_152905_vHDR_Auto

ヘッドにダニエル・ホーの
サインインレイも入ってるのも
好みが別れるところ。

とはいえ、【XS SOPRANO】は
小さくても弾きやすいし
作りもよくてお買い得感あると思います。

ダニエル・ホーは
『ハッピーアワーウクレレ』と
呼んでいるそうです。


ぼくの『ハッピーアワーウクレレ』はこれ↓
・オーダーウクレレTATSUYA MITSUI type L No.370 レポート
http://kadokuratakahiro.blog.jp/archives/52151481.html


・YAMAHA ロメロ・クリエイションズ
https://jp.yamaha.com/products/brands/romerocreations/
・Daniel Ho ライブ&ウクレレ試奏会@島村楽器八王子
http://kadokuratakahiro.blog.jp/archives/52190278.html

ジ・ウクレレコンテストで見た気になる機材

 まずはFamousウクレレの製造元、
三ツ葉楽器によるウクレレマイクシステム。
写真のマイクがウクレレに内蔵されます。

P_20171008_135149_vHDR_Auto

マイクとプリアンプで1セット。
音響工学の先生にも監修してもらったり
色々難しい話もあるみたいですが、
プレイヤーとして気になるのは音。

ソプラノ、コンサート、テナーと
たくさん試奏させてもらいましたが、
どれも自分の弾いている音か
アンプからの音かわからないくらい
自然な音で鳴っていました。

ソプラノ・コンサートを使った
弾き語りやジャカソロ奏者には
もってこいのシステムだと思いました。
ボディヒットの音もきれいに拾ってました。

ジャカソロ奏者!?
ぼくのことじゃないですか(@_@)
本体価格が6〜7万円ということなので、
あとは財布と相談ですかね〜


・ZMC-1,ZMC-1G | 三ツ葉楽器
http://www.mituba-kk.com/zmc-1.html
・三ツ葉楽器製ウクレレマイクシステム最新版...☆
http://blog.goo.ne.jp/dobu7/e/591f10d1293a403391eb80d0ca7362df



もう一つはキヨシモデルのFamous。
P_20171008_133623_vHDR_Auto

カッタウェイのソプラノボディで
0フレットのコンサートネックという
ファンとしてはおなじみのスペック。

カッタウェイ加工が大変で
Famousとしては
ちょっとお値段高めになるそうですが、
ちょっと背伸びをした1本目や
2本目のウクレレとして最適ですね。

買わないとは思いますが、
販売が待ち遠しいです。

左端がキヨシモデル
P_20171008_133756_vHDR_Auto (1)


・KIWAYA | キワヤ商会
http://www.kiwayasbest.com/

3弦ウクレレでソロを弾いてみた

 IWAOプロデュース
3弦ウクレレ試作機完成!

と言うFacebook投稿を見て、
弦交換のタイミングで
4弦を外した状態で弾いてみました!

https://youtu.be/YUKmAk06Wpw

ソロも3本で結構弾けます。

6弦ウクレレや7弦ギターなど
弦を増やす方向もあるけど、
1弦ベースのように
減らす発想ですね。

弦が減った分
左手の押弦はかなり楽です。
High-Gの4弦の音は
他の弦とダブることも多いので、
響きもそんなに変わらないです。

4弦がいらないって訳じゃないけど、
ウクレレは4弦って基本があっての
3弦ウクレレはおもしろいですね。

IWAOさんのFacebook上での
キャッチコピーがまた秀逸です!
「え、Low-GかHigh-Gかだって!?オレは……No-Gさ!」


https://youtu.be/untwUxBzsL0

ウクレレはソプラノからバリトンまで、
元々シンガーソングライターで
ギター、スラッキーにピアノも弾いちゃう
マルチプレイヤーIWAOさん。
3弦ウクレレで今後
どんな演奏を聞かせてくれるのか、
楽しみです!!


P.S.
ぼくは動画撮った後に
4弦張っちゃいました(^_^;)
※今回はサバレス
プロフィール

かど

記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
訪問者数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メッセージ

名前
メール
本文
twitter