かどさんとウクレレ

ウクレレジャカソリストかどくらたかひろ38才会社員のブログ。働きながらマイペースで演奏活動を行っています。4 Strings For Life. 生活のすぐそばに音楽を。ウクレレを弾いて毎日をおだやかに。。。

Book

2018年10月21日(日)東京都昭島市でキヨシ小林さんと共演します!17:00 start。詳細は後日!!

2018年7月の読書

 電車通勤でたくさん本を読めるようになったけど
How to本はただ読んでいるだけになってきている印象。

そんななか、『手作りネコのおうち』という本は
ネコを飼っていなくても見るだけで楽しい1冊でした。

今後は小説など、単純に楽しめるものを多く読んでいきたい。



2018年7月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:1554ページ
ナイス数:18ナイス

https://bookmeter.com/users/168044/summary/monthly

■チョコレート戦争 (新・名作の愛蔵版)
子どもに勧められて通勤の往復で読了。登場人物それぞれがいい味出してて好きです。
読了日:07月26日 著者:大石 真




■まるまれアルマジロ!―卵からはじまる5つの話
今回もほのぼのとしながら、ドキリとさせられました。自分のことしか考えられないオオカミと、他人好みに変わろうとするオウムの話が特に良かった。みきえさんの本はどれもおもしろい。
読了日:07月24日 著者:安東 みきえ




■まんがでわかる 松下幸之助の人生を拓く教え (まんがでわかるシリーズ)
漫画だからサクッと読了。社内異動があって行き詰まっていたけど、これをきっかけに松下幸之助本を読んでみよう!
読了日:07月18日 著者:




■ユニクロ9割で超速おしゃれ
タイトル通りの本。「本の型にハマってみるというと簡単そうだが、ファッションを変えるというのは、今まで慣れ親しんだスタイルを変えるということであり、それなりの覚悟が必要」というのは頷ける。また、「服は2〜3年で入れ替える」という提案もユニクロなら実践できそうでよい。ただ「安いものは適当に選んでしまいがち」だから、ユニクロと言えどもしっかり考えて買わなきゃいけないことがよくわかった。
読了日:07月12日 著者:大山旬




■手作りネコのおうち
ねこ飼ってないけど、表紙のイエローサブマリンにやられました。ダンボールでつくるねこの家の作り方本だけど、実際つくる人は少なさそうだ。けど、見てるだけで楽しい(*^^*)
読了日:07月11日 著者:カリン・オリバー
手作りネコのおうち
カリン・オリバー
エクスナレッジ
2017-09-27




■あの歌がきこえる (新潮文庫 し 43-14)
80年代辺りの楽曲を織り交ぜた短編の青春群像劇。おもしろかったけど、出てくる楽曲が自分の世代の曲だったら尚よかったなぁ。
読了日:07月10日 著者:重松 清




■自分を「ごきげん」にする方法
何事も自分のとらえ方次第。ポジティブシンキングではない。エネルギーの源泉は結果・行動・あり方の「たい」とはいえ、本を読んですぐごきげんになるわけでもなく、ここでもPDCAが必要ではある。
読了日:07月05日 著者:辻 秀一




■5日間で「自分の考え」をつくる本
「量的な変化が質的な変化をもたらし、また質的な変化が量的な変化をもたらす」「武器のカタログを眺めるだけでなぬ、そのうちの一つを選び出して手に馴染ませる。」齋藤孝さんの本は多数読んでおり、目新しさは感じないものの、表現、切り取り方がおもしろい。
読了日:07月02日 著者:齋藤 孝


2017年6月の読書

 ウクレレ・マガジンを含む全9冊。
こうやって振り返ると
似たような本を手にしてるのがわかります(^_^;)
が、『死を食べる―アニマルアイズ』は
児童書ながらなかなかのインパクトでした。

異動があってブログの更新は激減。
でも電車移動で読書量は増えてますw
ウクレレも弾いてますよー(^o^)


2018年6月の読書メーター
読んだ本の数:9冊
読んだページ数:1536ページ
ナイス数:16ナイス


■死を食べる―アニマルアイズ・動物の目で環境を見る〈2〉
動物の死骸の写真から考えさせられる一冊。子ども向けだけど、大人が読んでも十分におもしろい。インパクトのあるタイトルと表紙写真に負けない内容だった。
読了日:06月29日 著者:宮崎 学



■勝負心 (文春新書 950)
他の棋士からみても羽生さんはやっぱりすごい人で、本人の言葉よりおもしろみは少ない。とはいえ、永世竜王もすごいけど。。。勝負心という人生観のようなものを期待したけど、体験記みたいだったので、さらりと読了。
読了日:06月25日 著者:渡辺 明
勝負心 (文春新書 950)
渡辺 明
文藝春秋
2013-11-20



■ウクレレ・マガジン Vol.19 SUMMER 2018 (ACOUSTIC GUITAR MAGAZINE Presents)
レビューは後日ブログに書きます!
読了日:06月20日 著者:



■多動力 (NewsPicks Book)
おもしろく読んだけど、結論は「グダグダ考えてないで、今すぐやれ!」ということ
読了日:06月18日 著者:堀江 貴文
多動力 (NewsPicks Book)
堀江 貴文
幻冬舎
2017-05-27



■図書館「超」活用術 最高の「知的空間」で、本物の思考力を身につける
ネットはテレビのように「誰もがほぼ同じ情報に出会うメディア」になったが、図書館もインターネットも、「森羅万象の情報を集める」というコンセプトが同じ。そんな中でうまく図書館を有効活用する方法が書かれていておもしろかった。背表紙にある数字、NDC分類方がわかっただけでなく、ほぼすべての図書館蔵書検索ができるサイト「カーリル」には驚いた
読了日:06月18日 著者:奥野宣之



■基本をおさえてもっとおいしい 紅茶一年生
紅茶四年生、サラッと読みました。きれいな写真もたくさんで読みやすくわかりやすい。紅茶検定のテキストにもなっていて、ネットで参考問題を解けるのも楽しめます!
読了日:06月13日 著者:



■日本唐揚協会のつくりかた-オンリーワンビジネスで成功するための思考法
唐揚と協会の組合せが妙で手にとった1冊。戦略とは、戦を略(はぶく)すこと。決断とは「断つ」ことを「決める」こと。経験談が多く書かれていているのがいよかった。
読了日:06月08日 著者:安久鉄兵(一般社団法人日本唐揚協会会長)
日本唐揚協会のつくりかた-オンリーワンビジネスで成功するための思考法
安久鉄兵(一般社団法人日本唐揚協会会長)
メタモル出版
2013-01-14



■覆す力 (小学館新書)
羽生善治より前に永世名人になった森内さんの本。今まで羽生本は多く読んだが、周りから羽生さんがどう見られているかよくわかる1冊。敗戦は勝利のための必要経費。成長段階における勝ち負けの理想的なバランスは7:3。ミスをすることを前提にして、一回目のミスを許容する余裕が大切だ
読了日:06月06日 著者:森内 俊之
覆す力 (小学館新書)
森内 俊之
小学館
2014-02-03



■紅茶屋のつぶやき
つぶやきというタイトルがふさわしい、老舗紅茶屋オーナーによるコラム集。ぼやきも多かった( ´艸`)紅茶は嗜好品だが、日常的に楽しんでもらいたいという軸がぶれずに伝わります。とりあえず飲んだことないリプトンの青缶買いますね!
読了日:06月04日 著者:堀江 敏樹
紅茶屋のつぶやき
堀江 敏樹
めこん
2015-05-26




ジャカソロの入門書はコレだっ!『ジャカソロを誰でも弾けるようになる本』

 すっごくわかりやすい上に
細かいところまで丁寧に解説されている1冊。

P_20180527_183956

1曲で1テクニックをマスターできる構成は
ステップアップを感じられていいですね。

ジャカソロの様々なテクニックが
さまざまな表現手法を使って
誌面に閉じ込められています。

▼譜面表記の工夫がすごいです!
P_20180629_230321

CDもついてますが、
著者の佐藤雅也さんによる
YouTube動画もたくさんアップされてます。

リンク一覧は下記から
・ジャカソロを誰でも弾けるようになる本|リットーミュージック
https://www.rittor-music.co.jp/product/detail/3117217123/


譜面があるとどうしても曲を弾きたくなるけど、
解説に大切なことがたくさん書かれています。

ジャカソリストを名乗るぼくが
意識していることがほぼ網羅されてました。
自分の奏法を分析されてるみたい(^_^;)

ぼくが7年前にアップしている
♪夏祭りのほぼコピー譜も掲載されてて
むしろ光栄に思います(^o^)

ちょっと前に発売された
ウクレレジャカソロメソッドと
合わせて取り組むとバッチリですね。

カマテツさんのジャカソロ本は
さらにハイテクニックを求めたい人、
バトキン奏法を極めたい方向き。

ジャカソロ教本も譜面集も
充実してきてうれしいです!

最後に、最近読んだ本の引用を。
量的な変化が質的な変化をもたらし、
また質的な変化が量的な変化をもたらす


・佐藤雅也(ギター、ウクレレ)
http://masayasatou.com/
・キヨシ小林著「ウクレレ・ジャカソロ・メソッド」
http://kadokuratakahiro.blog.jp/archives/52204414.html





2018年5月の読書

 電車通勤になって
読書量が倍になりました。

中でもピアノ調律師のお話
『羊と鋼の森』が特によかった。
ステージに立つ(座ってるけどw)
ピアニストは一人だけど、
それを支えてくれている
たくさんの思いに気付かされます。
恩田陸の『蜜蜂と遠雷』以来の衝撃でした。

その他全12冊を読んだ5月です。


2018年5月の読書メーター
読んだ本の数:12冊
読んだページ数:2487ページ
ナイス数:56ナイス


■紅茶を注文する方法
やる気のない昼下がりに読了。紅茶好きだけど、タイトルにだまされた。内容は何も覚えていないし、役にもたたないけどおもしろい。
読了日:05月31日 著者:土屋 賢二
紅茶を注文する方法
土屋 賢二
文藝春秋
2002-04

https://bookmeter.com/books/460310

■すべてのJ-POPはパクリである (~現代ポップス論考)
翼、希望、夢、桜などのよく使われる歌詞だけでなく、語尾や歌い方の癖まで、よく論じられてるとは思うが、『パクりである』のタイトルには違和感。人格/規格(音楽のスタイル)をもちいた見方はわかりやすくおもしろかった。歌謡曲の考察から大瀧詠一との接点など、幅広い知識も得られた。とんねるずの『情けねえ』がメッセージソング&長渕のオマージュだったというのは、当時小学生だった自分は気がつかなかった(^^;)
読了日:05月30日 著者:マキタスポーツ



■ジャカソロを誰でも弾けるようになる本 ウクレレの人気奏法を定番20曲でたっぷり解説しました! (CD付) (リットーミュージック・ムック)
1曲に一つのジャカソロテクニックを織り交ぜたウクレレ教本。細かいことまでていねいに解説されている。ふめんは色分けもされていて見やすくもあり、圧巻の全20曲収録。
読了日:05月29日 著者:佐藤 雅也



■羊と鋼の森 (文春文庫 み)
ていねいに紡がれる話は読後感もよくとてもおもしろかった。本屋大賞受賞ということで派手なものを想像したが、やさしい文章がいい。去年読んだ恩田陸の『蜜蜂と遠雷』はピアノコンクールだったが、こちらは調律師のお話。どちらも名作です!
読了日:05月28日 著者:宮下 奈都
羊と鋼の森 (文春文庫)
宮下 奈都
文藝春秋
2018-02-09



■るきさん (ちくま文庫)
昔BSマンガ夜話で取り上げられていて、本棚に眠ってた一冊。マンガなんだけど、エッセイを読んでいるようで、時代を経てもあきさせない名作です!
読了日:05月24日 著者:高野 文子
るきさん (ちくま文庫)
高野 文子
筑摩書房
1996-12-01



■これ、いったいどうやったら売れるんですか? 身近な疑問からはじめるマーケティング (SB新書)
サクッと読了。広末の表紙にだまされてしまうが、一応マーケティングの本。読みやすすぎて、この本のターゲットってマーケティングを全く知らない人か、話のタネにしたいな!ぐらいに思ってる人なんじゃないかと思う。あと、ちょいちょいでてくるストーリーが嘘臭い( ´艸`)
読了日:05月21日 著者:永井 孝尚



■茶畑のジャヤ: この地球を生きる子どもたち (鈴木出版の児童文学 この地球を生きる子どもたち)
自分が紅茶好きで、スリランカが舞台ということで手に取った児童書。いじめにあった少年が、祖父と訪れたスリランカで考えをめぐらせていくお話。2009年まで続いていた内戦の歴史も学べて、大人にもオススメします!
読了日:05月20日 著者:中川 なをみ



■結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる
自分の人生を変えてきた人は、必ず自分の夢を語っています。夢とは思い。思いがなければなにも作れない。人間の思いなどなくとも育つのは自然のみ。気分は主体的に選べるということを軸に、すぐやれない理由もわかりやすくまとめられている。がその根底には夢があることが必要だ!
読了日:05月17日 著者:藤由 達藏



■頭のうちどころが悪かった熊の話
おもしろかった。大人向けの寓話って感じで深読みしたくもなるけど、答えがある訳でもないし、サラッと読んで少し引っかかりがあるくらいがちょうどいい。往復の通勤で読了。
読了日:05月16日 著者:安東 みきえ



■シンプルに考える
読みやすい本だし、『シンプルに考える』ということは正にその通りだと思うのだが、それがまた難しいと思った。ビジネスの本質は「ユーザーが本当に求めているものを提供し続けること」。そして、それが何なのか、自分の頭で考え抜くこと。
読了日:05月16日 著者:森川亮
シンプルに考える
森川亮
ダイヤモンド社
2015-05-29



■一流の人に学ぶ 自分の磨き方
一流と二流を比較し、著名人の名言とともに紹介している1冊。あとがきに一流は絶えず勉強を続けているとあったが、あきずに続けられる明確な目標があってこそなんだと思う。でも、その目標が39才になっても定まりません(^^;)
読了日:05月09日 著者:スティーブ・シーボルド
一流の人に学ぶ 自分の磨き方
スティーブ・シーボルド
かんき出版
2012-03-19



■超・殺人事件―推理作家の苦悩 (新潮文庫)
タイトル通りのブラックユーモアあふれる短編集。通勤時にサクッと読了!オチがよめちゃったのもあったけど、どれもおもしろかった!
読了日:05月02日 著者:東野 圭吾


名渡山遼くんアレンジによる譜面集、ウクレレプレイヤーズセレクション

 ウクレレプレイヤーが弾きたい名曲を多数収録した
ローリングココナッツ津和野さんの企画編集による譜面集です。

P_20180528_062433

ジェイクシマブクロや自身の代表曲だけでなく、
オータサンの名演で有名な「♪スターダスト」や
「♪ボディサーフィン」なんかも収録。

名渡山くんには珍しいLow-Gのアレンジもあります。

中級者向けのアレンジで
ストラムなどが多少簡略化されています。
ジェイクや名渡山くんの楽曲は
完コピ譜がすでに販売されているので、
脱初心者向けの方にうってつけの1冊だと思います。

ぼくは「♪ボディサーフィン」と
「♪Way To Go」の練習に励んでいます!



2018年4月の読書

 4月から勤務地が変わって、
電車内読書がはかどりました。

はじめての東野圭吾は
読みやすくおもしろかったので、
他のも読んでみます。



2018年4月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:1200ページ
ナイス数:26ナイス

https://bookmeter.com/users/168044/summary/monthly


■たまサン
たまごサラダのアレンジ。バジルペースト、マスタードハニーを試してみたい!
読了日:04月30日 著者:たまごサンド愛好会
たまサン
たまごサンド愛好会
宝島社
2017-10-21



■ミュージシャンが知っておくべきマネジメントの実務 答えはマネジメント現場にある!
ざっと斜め読み。ミュージシャンが自然とやっていることも言語化されていて、理解が深まった。
読了日:04月27日 著者:脇田 敬



■ピアノ講師の仕事術 音大では教えない7つのこと
自己啓発本によく書かれていることを講師向けに編集した1冊。目新しさはないものの、いい確認ができた。ピアノ講師ではないけれど(^^;)
読了日:04月26日 著者:藤 拓弘



■無理難題が多すぎる (文春文庫)
はじめてのツチヤ本。内容をまったく覚えてないけど、解説にもあるように傑作だ。別の著書も読んでみたいれ!
読了日:04月18日 著者:土屋 賢二
無理難題が多すぎる (文春文庫)
土屋 賢二
文藝春秋
2016-09-02



■ほぼユニクロで男のオシャレはうまくいく スタメン25着で着まわす毎日コーディネート塾
ロジカルにオシャレを解説してくれていて、とても読みやすいです。漫画『服を着るならこんな風に』とかぶることが多々あるが、軸がぶれてないということ。ユニクロや無印良品などの商品も勧めているので見に行くも、売っていないものも多々あり、ちょっと肩すかしくらいました(^^;)
読了日:04月16日 著者:MB



■ゲームの名は誘拐 (光文社文庫)
ウォシュレットが登場して間もない頃の、ちょっと古い本でもおもしろかった!はじめての東野圭吾は思いのほか読みやすくてびっくり。サクッと終わるラストも心地よい読後感でした。他のも読んでみようと思います。
読了日:04月10日 著者:東野 圭吾



■一瞬で心をつかむ できる人の文章術
読書感想文を上手に書くコツは、本を読んだあと友人や先生や両親とそのことについて議論すること。途中グチっぽい文章が続いたけど、まあまあ役に立つ気がするかな。60点。
読了日:04月02日 著者:高橋フミアキ


待ちにまったキヨシ小林著「ウクレレ・ジャカソロ・メソッド」発売中!

IMG_2825

 ウクレレジャカソロではおなじみの
オマージュ的楽曲も収録された教則本。
名曲「♪ミズタマリ」の譜面も掲載されてます。
CD付きだけど、webにも連動してて
動画でもわかりやすく学べるオススメの1冊です!

IMG_2826


カマテツさんお教本と共に
ジャカソロ好き必読の書です。

それにしても最近はジャカソロが盛り上がってますね。
5月には佐藤雅也さんのジャカソロ教則本も発売です!


模範演奏CD付 ウクレレ・ジャカソロ・メソッド
キヨシ小林
ドレミ楽譜出版社
2018-04-21











5月にキワヤでワークショップあります!!
かどさんのウクレレジャカソロWS
■日時 2018年5月13日(日)
<初級編>14時〜 70分(*13時30分開場)
<中級編>15時30分〜 80分(*15時20分開場)
■場所 KIWAYAウクレレミュージアム「樂」(キワヤ商会4F)
   東京都台東区松が谷1-7-3 地下鉄銀座線稲荷町駅徒歩7分ほど
■参加費 <初級編>3,240円 <中級編>3,780円 <ダブル受講>6,480円 
※すべて税込、当日現金にてお支払いくださいませ
■申込方法 キワヤ商会・イベント事務局 event@kiwaya.com 
お問合せ・お申し込みは、メールにてお願いします。
詳しくは下記リンクにて!
http://www.kiwayasbest.com/new/2018-04-12-163452.html

2018年3月の読書

 辻村深月は読む順序が
めっちゃ重要だと感じました。

長編だから読むのに時間がかかるし、
読み方によれば大長編になるんだから
しっかり順序を考えて読みましょう。

『名前探しの放課後』は
『ぼくのメジャースプーン』を読んでから!!


2018年3月の読書メーター
読んだ本の数:3冊
読んだページ数:1152ページ
ナイス数:23ナイス


■名前探しの放課後(上) (講談社文庫)
序盤は登場人物がひとりひとり出てくる。辻村作品にありがちな導入のまどろっこしさがなく、読みやすいです。下巻が楽しみ!
読了日:03月08日 著者:辻村 深月





■名前探しの放課後(下) (講談社文庫)
面白かったけど、いままでの辻村作品より感動がなかったのは『ぼくのメジャースプーン』を読んでいなかったからだろうなぁ。辻村作品は読む順番が大切だと痛感した。
読了日:03月13日 著者:辻村 深月





■人生にゆとりを生み出す 知の整理術
著者が天才だからそんなことできんるんでしょ!と思ってしまう一冊。だけど、本書にも書かれている通り、始めと終わりにそれらしいことが書かれていて、ためになった気がするw『人類最大の敵は「めんどくさい」だ』『知識は人を自由にする。そして、知識は誰のものでもなく、全人類に共有されるべきものなのだ』
読了日:03月15日 著者:pha



ローリングココナッツ#78

 ご存知ウクレレフリーマガジン。
78号の表紙は時任三郎さん。
ドラマでウクレレを弾く役を演じたそうです。
ダニエルモデルをドラマで弾いてもらうなんて
ナイス営業ですね、ヤマハさん(^^)

P_20180302_074857

キヨシ小林さんの新作アルバムと
教本ジャカソロメソッドと共に、
世界各国で演奏しているkyasさんの
新連載もはじまりました。

掲載スコアは♪Sing,Sing,Sing
中村たかしさんのアレンジは
ちょっと難しくて弾きごたえありますね。

https://youtu.be/Mj7L5qWWCfs

ライブレポだけでなく、
イベント情報も満載。
毎回楽しませてもらってまーす。


・Rolling Coconut TV
http://rollingcoconuts.com/



関西の皆さまぜひお越しください!!
ジャカソロワークショップ
■日時 2018年3月3日(土)14時〜16時
■場所 cafe tuoli 神戸市東灘区岡本1-14-18 大橋ビル 2F
■料金 1,500円+order
■予約 cafe tuoli tel 078-451-5860 もしくは onbass_kad@yahoo.co.jp まで!
※High-Gのウクレレをお持ちください

2018年2月の読書

 How To本ばかりだったので
3月は小説を読みます。

勉強しない子には「1冊の手帳」を与えよう!は
子どもの宿題やお手伝いなどを
ポイント制にして手帳管理する作戦。
ただいま実践中です。
お子さんいる方にはオススメです。


2018年2月の読書メーター
読んだ本の数:3冊
読んだページ数:636ページ
ナイス数:17ナイス

https://bookmeter.com/users/168044/summary/monthly


■Web文章の「書き方」入門教室 ~5つのステップで「読まれる→伝わる」文章が書ける!
何のための文章か?誰に向けた文章か?基本の型と豊富な実例でわかりやすかった。
読了日:02月20日 著者:志鎌 真奈美





■勉強しない子には「1冊の手帳」を与えよう!
勉強しない子じゃないけど、本人(小2)も興味を示したので、さっそくノートを買ってきました。やるべきことを書き、終えたら消すだけだけだけど、色んなマイルールを固めるために、しばらくは読み返していきます。
読了日:02月17日 著者:石田 勝紀

勉強しない子には「1冊の手帳」を与えよう!
石田勝紀
ディスカヴァー・トゥエンティワン
2015-12-25




■セミナー講師 超入門:1年目からうまくいく!
タイトル通り、基本的なことが書かれた超入門だった。で、参考になったなぁと思ったのは「はじめに」に書かれた参加する人の目線。人を動かすにはロゴス(論理)、エトス(人柄)、パトス(感情)
読了日:02月09日 著者:大岩 俊之





神戸遠征もうすぐです。
関西の皆さまぜひお越しください!!
ジャカソロワークショップ
■日時 2018年3月3日(土)14時〜16時
■場所 cafe tuoli 神戸市東灘区岡本1-14-18 大橋ビル 2F
■料金 1,500円+order
■予約 cafe tuoli tel 078-451-5860 もしくは onbass_kad@yahoo.co.jp まで!
※High-Gのウクレレをお持ちください
プロフィール

かど

記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
訪問者数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メッセージ

名前
メール
本文
twitter