かどさんとウクレレ

ウクレレジャカソリストかどくらたかひろ38才会社員のブログ。働きながらマイペースで演奏活動を行っています。4 Strings For Life. 生活のすぐそばに音楽を。ウクレレを弾いて毎日をおだやかに。。。

Book

【オープンマイク】6月23日(土)18:00 open / 18:30 start
■場所 昭島フローラカルチャークラブ JR青梅線昭島駅南口徒歩1分
■料金 出演者1,500円(1 drink付き)、観覧のみ500円(1drink付き)

2018年5月の読書

 電車通勤になって
読書量が倍になりました。

中でもピアノ調律師のお話
『羊と鋼の森』が特によかった。
ステージに立つ(座ってるけどw)
ピアニストは一人だけど、
それを支えてくれている
たくさんの思いに気付かされます。
恩田陸の『蜜蜂と遠雷』以来の衝撃でした。

その他全12冊を読んだ5月です。


2018年5月の読書メーター
読んだ本の数:12冊
読んだページ数:2487ページ
ナイス数:56ナイス


■紅茶を注文する方法
やる気のない昼下がりに読了。紅茶好きだけど、タイトルにだまされた。内容は何も覚えていないし、役にもたたないけどおもしろい。
読了日:05月31日 著者:土屋 賢二
紅茶を注文する方法
土屋 賢二
文藝春秋
2002-04

https://bookmeter.com/books/460310

■すべてのJ-POPはパクリである (~現代ポップス論考)
翼、希望、夢、桜などのよく使われる歌詞だけでなく、語尾や歌い方の癖まで、よく論じられてるとは思うが、『パクりである』のタイトルには違和感。人格/規格(音楽のスタイル)をもちいた見方はわかりやすくおもしろかった。歌謡曲の考察から大瀧詠一との接点など、幅広い知識も得られた。とんねるずの『情けねえ』がメッセージソング&長渕のオマージュだったというのは、当時小学生だった自分は気がつかなかった(^^;)
読了日:05月30日 著者:マキタスポーツ



■ジャカソロを誰でも弾けるようになる本 ウクレレの人気奏法を定番20曲でたっぷり解説しました! (CD付) (リットーミュージック・ムック)
1曲に一つのジャカソロテクニックを織り交ぜたウクレレ教本。細かいことまでていねいに解説されている。ふめんは色分けもされていて見やすくもあり、圧巻の全20曲収録。
読了日:05月29日 著者:佐藤 雅也



■羊と鋼の森 (文春文庫 み)
ていねいに紡がれる話は読後感もよくとてもおもしろかった。本屋大賞受賞ということで派手なものを想像したが、やさしい文章がいい。去年読んだ恩田陸の『蜜蜂と遠雷』はピアノコンクールだったが、こちらは調律師のお話。どちらも名作です!
読了日:05月28日 著者:宮下 奈都
羊と鋼の森 (文春文庫)
宮下 奈都
文藝春秋
2018-02-09



■るきさん (ちくま文庫)
昔BSマンガ夜話で取り上げられていて、本棚に眠ってた一冊。マンガなんだけど、エッセイを読んでいるようで、時代を経てもあきさせない名作です!
読了日:05月24日 著者:高野 文子
るきさん (ちくま文庫)
高野 文子
筑摩書房
1996-12-01



■これ、いったいどうやったら売れるんですか? 身近な疑問からはじめるマーケティング (SB新書)
サクッと読了。広末の表紙にだまされてしまうが、一応マーケティングの本。読みやすすぎて、この本のターゲットってマーケティングを全く知らない人か、話のタネにしたいな!ぐらいに思ってる人なんじゃないかと思う。あと、ちょいちょいでてくるストーリーが嘘臭い( ´艸`)
読了日:05月21日 著者:永井 孝尚



■茶畑のジャヤ: この地球を生きる子どもたち (鈴木出版の児童文学 この地球を生きる子どもたち)
自分が紅茶好きで、スリランカが舞台ということで手に取った児童書。いじめにあった少年が、祖父と訪れたスリランカで考えをめぐらせていくお話。2009年まで続いていた内戦の歴史も学べて、大人にもオススメします!
読了日:05月20日 著者:中川 なをみ



■結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる
自分の人生を変えてきた人は、必ず自分の夢を語っています。夢とは思い。思いがなければなにも作れない。人間の思いなどなくとも育つのは自然のみ。気分は主体的に選べるということを軸に、すぐやれない理由もわかりやすくまとめられている。がその根底には夢があることが必要だ!
読了日:05月17日 著者:藤由 達藏



■頭のうちどころが悪かった熊の話
おもしろかった。大人向けの寓話って感じで深読みしたくもなるけど、答えがある訳でもないし、サラッと読んで少し引っかかりがあるくらいがちょうどいい。往復の通勤で読了。
読了日:05月16日 著者:安東 みきえ



■シンプルに考える
読みやすい本だし、『シンプルに考える』ということは正にその通りだと思うのだが、それがまた難しいと思った。ビジネスの本質は「ユーザーが本当に求めているものを提供し続けること」。そして、それが何なのか、自分の頭で考え抜くこと。
読了日:05月16日 著者:森川亮
シンプルに考える
森川亮
ダイヤモンド社
2015-05-29



■一流の人に学ぶ 自分の磨き方
一流と二流を比較し、著名人の名言とともに紹介している1冊。あとがきに一流は絶えず勉強を続けているとあったが、あきずに続けられる明確な目標があってこそなんだと思う。でも、その目標が39才になっても定まりません(^^;)
読了日:05月09日 著者:スティーブ・シーボルド
一流の人に学ぶ 自分の磨き方
スティーブ・シーボルド
かんき出版
2012-03-19



■超・殺人事件―推理作家の苦悩 (新潮文庫)
タイトル通りのブラックユーモアあふれる短編集。通勤時にサクッと読了!オチがよめちゃったのもあったけど、どれもおもしろかった!
読了日:05月02日 著者:東野 圭吾


名渡山遼くんアレンジによる譜面集、ウクレレプレイヤーズセレクション

 ウクレレプレイヤーが弾きたい名曲を多数収録した
ローリングココナッツ津和野さんの企画編集による譜面集です。

P_20180528_062433

ジェイクシマブクロや自身の代表曲だけでなく、
オータサンの名演で有名な「♪スターダスト」や
「♪ボディサーフィン」なんかも収録。

名渡山くんには珍しいLow-Gのアレンジもあります。

中級者向けのアレンジで
ストラムなどが多少簡略化されています。
ジェイクや名渡山くんの楽曲は
完コピ譜がすでに販売されているので、
脱初心者向けの方にうってつけの1冊だと思います。

ぼくは「♪ボディサーフィン」と
「♪Way To Go」の練習に励んでいます!



2018年4月の読書

 4月から勤務地が変わって、
電車内読書がはかどりました。

はじめての東野圭吾は
読みやすくおもしろかったので、
他のも読んでみます。



2018年4月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:1200ページ
ナイス数:26ナイス

https://bookmeter.com/users/168044/summary/monthly


■たまサン
たまごサラダのアレンジ。バジルペースト、マスタードハニーを試してみたい!
読了日:04月30日 著者:たまごサンド愛好会
たまサン
たまごサンド愛好会
宝島社
2017-10-21



■ミュージシャンが知っておくべきマネジメントの実務 答えはマネジメント現場にある!
ざっと斜め読み。ミュージシャンが自然とやっていることも言語化されていて、理解が深まった。
読了日:04月27日 著者:脇田 敬



■ピアノ講師の仕事術 音大では教えない7つのこと
自己啓発本によく書かれていることを講師向けに編集した1冊。目新しさはないものの、いい確認ができた。ピアノ講師ではないけれど(^^;)
読了日:04月26日 著者:藤 拓弘



■無理難題が多すぎる (文春文庫)
はじめてのツチヤ本。内容をまったく覚えてないけど、解説にもあるように傑作だ。別の著書も読んでみたいれ!
読了日:04月18日 著者:土屋 賢二
無理難題が多すぎる (文春文庫)
土屋 賢二
文藝春秋
2016-09-02



■ほぼユニクロで男のオシャレはうまくいく スタメン25着で着まわす毎日コーディネート塾
ロジカルにオシャレを解説してくれていて、とても読みやすいです。漫画『服を着るならこんな風に』とかぶることが多々あるが、軸がぶれてないということ。ユニクロや無印良品などの商品も勧めているので見に行くも、売っていないものも多々あり、ちょっと肩すかしくらいました(^^;)
読了日:04月16日 著者:MB



■ゲームの名は誘拐 (光文社文庫)
ウォシュレットが登場して間もない頃の、ちょっと古い本でもおもしろかった!はじめての東野圭吾は思いのほか読みやすくてびっくり。サクッと終わるラストも心地よい読後感でした。他のも読んでみようと思います。
読了日:04月10日 著者:東野 圭吾



■一瞬で心をつかむ できる人の文章術
読書感想文を上手に書くコツは、本を読んだあと友人や先生や両親とそのことについて議論すること。途中グチっぽい文章が続いたけど、まあまあ役に立つ気がするかな。60点。
読了日:04月02日 著者:高橋フミアキ


待ちにまったキヨシ小林著「ウクレレ・ジャカソロ・メソッド」発売中!

IMG_2825

 ウクレレジャカソロではおなじみの
オマージュ的楽曲も収録された教則本。
名曲「♪ミズタマリ」の譜面も掲載されてます。
CD付きだけど、webにも連動してて
動画でもわかりやすく学べるオススメの1冊です!

IMG_2826


カマテツさんお教本と共に
ジャカソロ好き必読の書です。

それにしても最近はジャカソロが盛り上がってますね。
5月には佐藤雅也さんのジャカソロ教則本も発売です!


模範演奏CD付 ウクレレ・ジャカソロ・メソッド
キヨシ小林
ドレミ楽譜出版社
2018-04-21











5月にキワヤでワークショップあります!!
かどさんのウクレレジャカソロWS
■日時 2018年5月13日(日)
<初級編>14時〜 70分(*13時30分開場)
<中級編>15時30分〜 80分(*15時20分開場)
■場所 KIWAYAウクレレミュージアム「樂」(キワヤ商会4F)
   東京都台東区松が谷1-7-3 地下鉄銀座線稲荷町駅徒歩7分ほど
■参加費 <初級編>3,240円 <中級編>3,780円 <ダブル受講>6,480円 
※すべて税込、当日現金にてお支払いくださいませ
■申込方法 キワヤ商会・イベント事務局 event@kiwaya.com 
お問合せ・お申し込みは、メールにてお願いします。
詳しくは下記リンクにて!
http://www.kiwayasbest.com/new/2018-04-12-163452.html

2018年3月の読書

 辻村深月は読む順序が
めっちゃ重要だと感じました。

長編だから読むのに時間がかかるし、
読み方によれば大長編になるんだから
しっかり順序を考えて読みましょう。

『名前探しの放課後』は
『ぼくのメジャースプーン』を読んでから!!


2018年3月の読書メーター
読んだ本の数:3冊
読んだページ数:1152ページ
ナイス数:23ナイス


■名前探しの放課後(上) (講談社文庫)
序盤は登場人物がひとりひとり出てくる。辻村作品にありがちな導入のまどろっこしさがなく、読みやすいです。下巻が楽しみ!
読了日:03月08日 著者:辻村 深月





■名前探しの放課後(下) (講談社文庫)
面白かったけど、いままでの辻村作品より感動がなかったのは『ぼくのメジャースプーン』を読んでいなかったからだろうなぁ。辻村作品は読む順番が大切だと痛感した。
読了日:03月13日 著者:辻村 深月





■人生にゆとりを生み出す 知の整理術
著者が天才だからそんなことできんるんでしょ!と思ってしまう一冊。だけど、本書にも書かれている通り、始めと終わりにそれらしいことが書かれていて、ためになった気がするw『人類最大の敵は「めんどくさい」だ』『知識は人を自由にする。そして、知識は誰のものでもなく、全人類に共有されるべきものなのだ』
読了日:03月15日 著者:pha



ローリングココナッツ#78

 ご存知ウクレレフリーマガジン。
78号の表紙は時任三郎さん。
ドラマでウクレレを弾く役を演じたそうです。
ダニエルモデルをドラマで弾いてもらうなんて
ナイス営業ですね、ヤマハさん(^^)

P_20180302_074857

キヨシ小林さんの新作アルバムと
教本ジャカソロメソッドと共に、
世界各国で演奏しているkyasさんの
新連載もはじまりました。

掲載スコアは♪Sing,Sing,Sing
中村たかしさんのアレンジは
ちょっと難しくて弾きごたえありますね。

https://youtu.be/Mj7L5qWWCfs

ライブレポだけでなく、
イベント情報も満載。
毎回楽しませてもらってまーす。


・Rolling Coconut TV
http://rollingcoconuts.com/



関西の皆さまぜひお越しください!!
ジャカソロワークショップ
■日時 2018年3月3日(土)14時〜16時
■場所 cafe tuoli 神戸市東灘区岡本1-14-18 大橋ビル 2F
■料金 1,500円+order
■予約 cafe tuoli tel 078-451-5860 もしくは onbass_kad@yahoo.co.jp まで!
※High-Gのウクレレをお持ちください

2018年2月の読書

 How To本ばかりだったので
3月は小説を読みます。

勉強しない子には「1冊の手帳」を与えよう!は
子どもの宿題やお手伝いなどを
ポイント制にして手帳管理する作戦。
ただいま実践中です。
お子さんいる方にはオススメです。


2018年2月の読書メーター
読んだ本の数:3冊
読んだページ数:636ページ
ナイス数:17ナイス

https://bookmeter.com/users/168044/summary/monthly


■Web文章の「書き方」入門教室 ~5つのステップで「読まれる→伝わる」文章が書ける!
何のための文章か?誰に向けた文章か?基本の型と豊富な実例でわかりやすかった。
読了日:02月20日 著者:志鎌 真奈美





■勉強しない子には「1冊の手帳」を与えよう!
勉強しない子じゃないけど、本人(小2)も興味を示したので、さっそくノートを買ってきました。やるべきことを書き、終えたら消すだけだけだけど、色んなマイルールを固めるために、しばらくは読み返していきます。
読了日:02月17日 著者:石田 勝紀

勉強しない子には「1冊の手帳」を与えよう!
石田勝紀
ディスカヴァー・トゥエンティワン
2015-12-25




■セミナー講師 超入門:1年目からうまくいく!
タイトル通り、基本的なことが書かれた超入門だった。で、参考になったなぁと思ったのは「はじめに」に書かれた参加する人の目線。人を動かすにはロゴス(論理)、エトス(人柄)、パトス(感情)
読了日:02月09日 著者:大岩 俊之





神戸遠征もうすぐです。
関西の皆さまぜひお越しください!!
ジャカソロワークショップ
■日時 2018年3月3日(土)14時〜16時
■場所 cafe tuoli 神戸市東灘区岡本1-14-18 大橋ビル 2F
■料金 1,500円+order
■予約 cafe tuoli tel 078-451-5860 もしくは onbass_kad@yahoo.co.jp まで!
※High-Gのウクレレをお持ちください

2018年1月の読書

 ガシガシ活動して行こうと決めた2018年。
ワークショップもたくさん開催したいから
必然的にそんな関連本がラインナップされました。

なかでも、キングコング西野さんの
「革命のファンファーレ」は、
先見性のある考えがたくさんでおもしろかった。
また圧倒的な行動量で実践されている様を
オンライン上でみれるので励みにもなります。

話すことへの苦手意識はなくなってきたから
今後は書くことの強化を図っていきたいです。


2018年1月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:663ページ
ナイス数:18ナイス

https://bookmeter.com/users/168044/summary/monthly


■革命のファンファーレ 現代のお金と広告
圧倒的な行動量とよく練られた戦略。それを人を巻き込みながら実行していく著者のすごさがよくわかる一冊。『情報は行動する人間に集まり、更なる行動を生み、また情報が集まってくる。』ブログ等で戦略的に無料公開している箇所もあります。感覚的に4割くらいは公開されてるのではないでしょうか?とはいえ、読んで後悔はありません。
読了日:01月29日 著者:西野 亮廣





■増補改訂版 レイアウト基本の「き」
基本の「き」なんて書かれてるけど、レイアウトを仕事でしている人が読むような本。情報量が多く飛ばし読みしたところも多いけど、わかりやすく書かれていて、勉強になった。
読了日:01月22日 著者:佐藤直樹(アジール)

増補改訂版 レイアウト基本の「き」
佐藤直樹(アジール)
グラフィック社
2017-04-10




■頭がよくなる「図解思考」の技術
2010年の本で目新しさは少ない。とはいえ、簡単そうに書かれてるけど、同時図訳なんてすぐにはできない。自分の伝えたいことにあてはめることから実行していきたい。
読了日:01月17日 著者:永田 豊志





■しあわせなサンドイッチの作りかた by GARTEN
素敵なサンドイッチ店の物語&目で見て楽しめる写真集。インスタ映えするレシピは家で作るのは手間だから、お店でたまに食べるくらいでいい。と思ったら、このお店閉店してしまったようです。。。
読了日:01月16日 著者:NEXTWEEKEND





■稼ぐ話力 相手を腹落ちさせるプレゼンテーション術
プレゼンだけに限らず、人前で話すことのある人にオススメしたい。とてもわかりやすくて、腹落ちさせられた1冊。【「言葉で言わなければ伝わらない」は事実ですが、「話せばわかる」というのはもう少し疑ってかかる必要があるでしょう。】目と目で通じ合うのはもう奇跡w
読了日:01月09日 著者:勝間 和代




2017年12月の読書

 10年以上前に先輩に教えてもらった
自分の小さな「箱」から脱出する方法。
人間関係に行き詰ったときは
これからも読み返していきたい1冊。

絵本「大きな木」も学びになったし
子どもとつくる工作本もおもしろい。

大好きな紅茶の本は買っちゃったし、
2018年もいろんな本を手に取りたいです。


2017年12月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:751ページ
ナイス数:28ナイス


■自分の小さな「箱」から脱出する方法
自分の基盤となる一冊だと思う。人間関係の問題について、とても分かりやすくて腑に落ちる。実例と平易な言葉でかかれているから、サッと読んでしまうけど、自分のできごとに当てはめてみて痛感することが多数。
読了日:12月17日 著者:アービンジャー インスティチュート,金森 重樹,冨永 星
自分の小さな「箱」から脱出する方法
アービンジャー インスティチュート
大和書房
2006-10-19




■紅茶 味わいの「こつ」: 理解が深まるQ&A89
今までにないタイプの紅茶本。おいしいいれ方や茶葉・産地などから、バイヤーならではのマニアックな内容まで、わかりやすくていねいな文章でスイスイ読ましてくれました。
読了日:12月15日 著者:川〓 武志,中野地 清香,水野 学




■改訂版 ダンボールで作るおもしろ自動販売機 (レディブティックシリーズno.4236)
小2の息子だけじゃ作れません。手伝うことを想定しており、親が作るとしっかり作りたくなりますが、子どもはそんな精度を求めていませんでした(^^;)写真は魅力的だけど、作り方の解説は結構アバウト。
読了日:12月09日 著者:




■おおきな木
村上春樹訳とあわせて読了。読み比べるのがおもしろい。こちらの方がやはり古さを感じさせる訳だと感じる。背表紙の筆者写真もインパクト抜群!
読了日:12月08日 著者:シェル・シルヴァスタイン
おおきな木
シェル・シルヴァスタイン
篠崎書林
1976-01-01




■無印良品とはじめるミニマリスト生活
「余白を4割つくる」というのと「収納が増えるとモノが増える」というのは納得なんだけど、相反するような気もする。バランスが大切。同居人のものもあるから難しいこともあるけど、「服を制服化」というのは早速取り入れたい。
読了日:12月08日 著者:やまぐち せいこ




■おおきな木
息子と泣いた。何度も読んでるのに、子どもと読んで一緒に泣いた。泣くポイントが親子で違うのもおもしろい。あとがきにあるように、何度も読み返したい。大きな愛を見て泣いてしまうのはなんでなんだろう?
読了日:12月07日 著者:シェル・シルヴァスタイン,Shel Silverstein
おおきな木
シェル・シルヴァスタイン
あすなろ書房
2010-09-02





▼読書メーター
https://bookmeter.com/

ウクレレマガジンvol.18

 ウクマガの冬号。

創刊10週年記念企画
全国ウクレレ人口調査の
結果発表がおもしろかった。

関東、関西、中部の大都市圏に多いのは
想像通りだけど、
福岡県(人口約500万人)より
石川県(人口約100万人)の方が多いのには
びっくりしました。

今年のウクレレコンテストも
石川県勢がすごかったし、
ウクレレパイナを中心とした
盛り上がりは特異なものがありますね。

また、ギターマガジンなど
他の楽器冊子も作っている
リットーミュージックさんならではの
ウクレレ考察は読んでいて
うなずけることが多かったです。

インタビュー、各種譜面や
ウクピクよりもページを割かれている
ウクパニレポートなど、
毎回おなじみのページも多数で
楽しませてもらいました!

P_20171220_224911_vHDR_Auto

ムック本は1回読んだら
本棚の肥やしになりがちなので、
発売されたらバックナンバーも
手に取るようにしています。

今回は僕のファンだと公言してくれた
つるの剛士さんのインタビュー掲載のvol.6(^^)


・ウクレレ・マガジンVol.18 WINTER2018|リットーミュージック
https://www.rittor-music.co.jp/magazine/detail/3117212002/


プロフィール

かど

記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
訪問者数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メッセージ

名前
メール
本文
twitter