かどさんとウクレレ

ウクレレジャカソリストかどくらたかひろ39才会社員のブログ。働きながらマイペースで演奏活動を行っています。4 Strings For Life. 生活のすぐそばに音楽を。ウクレレを弾いて毎日をおだやかに。。。

ウクレレ弦

『ストラム勉強会』at ヤナギコーヒー
■日付 2018年11月18日(日)■時間 15:30open , 16:00start
■場所 飯能ヤナギコーヒー  埼玉県飯能市赤沢545-2
■料金 勉強会&ライブ2,000円 入場料1,000円(ペットボトル付)
■駐車料金 普通車 600円、軽 400円 ■予約、問い合わせ ヤナギコーヒー 080-3350-0760

ウクレレ弦レビュー【Kamaka カマカ】

 ミツレレにカマカ弦を張りました。

P_20181113_231003

ブラックナイロン弦で異様に太いです。
楽器によっては加工しないと
張れない可能性もあるのが要注意。

太いのでテンションも高く
弦を押えるのに少し力はいるけど、
豊かな低音と音量があります。

値段はちょっと高めです。



カマカユーザー以外で
使っている人を見たことがなかったけど、
一度くらいはと思い張ってみました。

自分の好みはわかっていて、
ブラックナイロン弦が好きなんです。

だけど、各メーカーごとに
太さや表面の処理方法など
微妙に違いがあるから、
10年以上ウクレレ弾いていても
いろんな弦を試したくなっちゃうんです。

さらにウクレレは
本体と弦の組合せで
音が本当に変わりますよね。
さらに奏法にも合わせるとなると。。。

弦探しの旅はまだまだ続きます。


次回イベントはこちら▼
2018/11/18[日]かどさんストラム勉強会
■場所 ヤナギコーヒー 埼玉県飯能市赤沢545-2
■参加費
  勉強会&ライブ 2,000円
  入場料 1,000円(ペットボトル付)
  交流会 2,000円(カニドリア付)
■駐車料金 普通車 600円、軽 400円
■予約、問い合わせ ヤナギコーヒー 080-3350-0760
■タイムスケジュール
  15時30分 開場
  16時00分 WSスタート〜約60分
  17時15分頃 ジャカソロライブ〜約30分
  18時00分 交流会開始
  20時00分 終了

テナー用のGHS弦

 忙しさにかまけて約4ヶ月ぶりの弦交換。
12フレット付近での音程が合うようになりました。
弦の劣化って交換のタイミングでいつも実感します。

P_20180817_231437

今回もいつも使ってるGHSなんだけど
実はテナー用の弦を張りました。
なんでコンサートスケールに
テナーなのかって??

『買うの間違えたんです』


▼これがテナー用




▼これがソプラノ・コンサート用




H-10とH-T10の違い。
見た目はほぼ一緒なので
皆さんお気をつけください。

パッケージの見た目とは裏腹に、
中身は結構違います。
その大きな特徴は3弦が巻弦なこと。
※他の弦の太さも違います

3弦に巻弦使ってる人って少ないけど、
どぶさんは愛用しているようですね。
Low-Gの4弦のときとは違って
ストラムのときの違和感はあまり感じません。

結んで引っ掛けるタイプのブリッジのため
テナー用は1、4弦がつけられませんでした。
なので、現在H-10とH-T10をミックスしてます。

3弦巻弦の音は結構好みなんだけど、
ぼく的にはテンションがちょっとキツめなので
しばらくしたら変えちゃうかもしれません。

好みの弦探しって本当に大変です^^;

オルカスハード弦

 ミツレレの弦を
黒いフロロカーボンにチェンジ。
はじめは弦がよく伸びるので、
ペグを回すのが怖かったです(^^;)

P_20180404_215007

ハードゲージをチョイスしたのですが、
それでもナイロン弦と比べて細かった。

その差0.05mmくらいなんですけど、
ちゃんと判別できる人の感覚ってすごいです。

で、テンションはちょっと強め。
音はナイロン弦っぽくて色も黒だから
言わなければフロロ弦とは思わないかもしれません。


以前ライトゲージ弦を使ってみて好印象だったので
ハードゲージ弦も使ってみたのですが、
当然ながら太さ以外の印象は前回と同じでした。

弦って音だけでなく、
太さやテンションがいかに大事かを再認識しました。


オルカスのフロロカーボン弦レポ
オルカスとGHSでミックス弦


弦交換、サバレスからGHSへ

 サバレスのフロロカーボンから
GHSブラックナイロンに弦交換しました。

今回のセットは精度悪くなかったです。
P_20171227_224325_vHDR_Auto

サバレスはテンション高めでGHSはゆるめ。
僕はちょっとテンションゆるめの
ブラックナイロン弦じゃないと
うまく弾けません。

張りのある音を出してみたくて
サバレスを使ってみたけど、
長く持ちませんでした(^_^;)

ウクレレって弦によって
音がガラッと変わるけど、
その違いを弾き分けるには
かなりのテクニックが必要だと思います。


サバレスは張りのある大きな音だったけど、
テンションが高すぎて
ぼくには弾きこなせませんでしたorz





Famousブラック弦

 2ヶ月ぶりに弦替えました。
アランフェス社製で、
GHSブラックナイロンと
同じ太さですね。

P_20171115_094233_vHDR_On

音はぼくの大好きな
ザ・ブラックナイロン。


GHSと太さも手触りも同じ。
素材もたぶん一緒だから、
違うのは価格、パッケージと
精度くらいではないでしょうか?


今度メーカーごとの
太さ比較表を作ってみようと思います。


・かどさんとウクレレ - ウクレレ弦
http://kadokuratakahiro.blog.jp/archives/cat_50029886.html#



ウクレレの弦を3ヶ月ぶりに交換、フェーン弦

 ミツレレの弦を最近お気に入りの
FOEHN(フェーン)に交換しました。

P_20170707_222556_HDR

フェーンはブラックナイロン弦。

GHSブラックナイロンの
音と低価格なのも気に入っているのですが、
あまりに悪い弦があるので
困っていた時に見つけたフェーン。

多分GHSと同じ素材で、
弦の太さも似たり寄ったりだと思います。
音はGHSととても似た感じです。

あとは精度がどれほどのものか?
1個(¥493)、3個(¥999)、6個(¥1860)と
まとめ買いするほどお得なので
今度は6個セットを買って
じっくり検証していこうと思っています。

Amazonのレビューでは
音が合わなかったとのコメントもありましたが、
今回ぼくが張り替えたものは大丈夫でした!


・FOEHN(フェーン)
http://foehn.jp/
・かどさんとウクレレ - ウクレレ弦 
http://kadokuratakahiro.blog.jp/archives/cat_50029886.html
・低価格ながらかなりいいウクレレ弦みつけちゃったかも、FOEHN(フェーン)弦
http://kadokuratakahiro.blog.jp/archives/52130233.html



3弦だけワースのフロロカーボン弦に交換

 GHSの3弦が調子悪かったので
1本だけフロロ弦にしました。

3rd Fluoro

見た目的にはキライですが、
音的には違和感がありません。

ソロ奏者のぼくにとっては
メロディをよく担当する1、4弦が重要で、
1弦と4弦が違う種類の弦だと
きっと違和感があると思います。

4本の弦のうち1本だけ替えただけなら
ブラインドで聞き分けられる自信はありません(^_^;)


・やっぱりGHSの精度が低い件orz
http://kadokuratakahiro.blog.jp/archives/52174868.html

やっぱりGHSの精度が低い件orz

 ミツレレの弦を2ヶ月半振りに交換。
愛用しているGHSブラックナイロンに張替えましたが、
相変わらず3弦が安定してくれません。

あまりにひどいので動画を撮ってみました。
3弦の開放から
2,4,5,7,9,11,12フレットで
♪ドレミファソラシド〜
と弾いています。

20秒ほどからは1弦で
♪ラシドレミファソラ〜
と弾いてます。
1弦は狂いが少ない。
https://youtu.be/XfzWn1WrTmk

チューナーを見ると
開放弦ではあっているのに、
音が高くなるに連れて
フラットして(低くなって)いくのが
わかると思います。

※シャープして(高くなって)いくこともあります。


ロットで悪いものができてしまうのか?
当たりとハズレの差があまりに大きいGHS。
とりあえず3弦だけ違う弦にして、
今後はGHS以外の弦探しをしてみるつもりです。

まずは、フェーン弦をポチッておきました。


・GHSの2弦と3弦のみ交換しました
http://kadokuratakahiro.blog.jp/archives/52142324.html
・低価格ながらかなりいいウクレレ弦みつけちゃったかも、FOEHN(フェーン)弦
http://kadokuratakahiro.blog.jp/archives/52130233.html






フロロカーボンからブラックナイロンへ

 ウクレレの音って
奏者による違いが一番だけど、
それぞれ好みの個体と弦があります。

サイズで好きなのはソプラノロングネックで、
弦はブラックナイロンが好き。

ということで、
ミツレレにまたまたGHSを張りました。
マホ&GHS


もう何度もブログに書いてますが、
音は気に入ってるGHSだけど、
精度が悪くてほとほと困っております。。。
今回も3弦がハイフレットで音合いませんorz

大量購入した在庫があとわずかなので、
次はフェーン弦をまた買ってみようと思います。

・低価格ながらかなりいいウクレレ弦みつけちゃったかも、FOEHN(フェーン)弦
http://kadokuratakahiro.blog.jp/archives/52130233.html






ちなみに、
テナーウクレレにはクリア弦を
張っている人が多い印象。
指板にインレイをいれていると
インレイを邪魔しない
クリア弦一択になることも
影響しているのでしょうか?

今は入手困難なヒロ弦

170125 hilo

 弦交換はブログに書いておくなど記録しておくと
交換の目安にもなるのでオススメです。

前回は約3ヶ月前の2016年11月。
・大好きだけど困りモノ、ghsブラックナイロン
http://kadokuratakahiro.blog.jp/archives/52162155.html

で、ミツレレにヒロ弦を張りました。
GHSと同じナイロンを研磨したもので、
以前はT'sウクレレの標準弦ともなっていました。

・Hilo Strings(ヒロ弦)
http://guitars.way-nifty.com/ukes/2008/02/hili_strings_b4eb.html


すでに生産中止になっているヒロ弦を
入手するには店頭在庫限りとなります。

某アーティストは生産中止を聞いて
50セットまとめ買いするなど人気のあった弦。

今ではなかなか入手しづらいですが、
同じ工程の別ブランドで再販されるのでは?
というウワサを聞きました。

本当だとうれしいのですが。。。
プロフィール

かど

東京都立川市出身39才会社員。ソロウクレレライブを軸に、得意のジャカソロワークショップの開催、オリジナルアレンジ譜面の作成など、マイペースに活動する日曜ミュージシャン。占い師の嫁、将棋好きの息子とのおだやかな毎日。

記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
訪問者数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メッセージ

名前
メール
本文
twitter