かどさんとウクレレ

ウクレレジャカソリストかどくらたかひろ40才会社員のブログ。働きながらマイペースで演奏活動を行っています。4 Strings For Life. 生活のすぐそばに音楽を。ウクレレを弾いて毎日をおだやかに。。。

ウクレレ弦

弦交換と指板清掃

 約3ヶ月ぶりの弦交換。
どちらもおきにいりの
ブラックナイロン弦にしました。

▼レモンオイルで指板清掃も
IMG_20200511_171847


ぼくはウクレレ始める前から持っていた
TAURUS ARMYのレモンオイルを使ってます。




15年以上経ってるのに
まだこの1本が使い切れていません。
1回に使う量が少ないのかなんなのか?

ウクレレのブログで
指板清掃まで突っ込んでいる記事って
あまり見たことないんですよね。

そんななかこの記事は
かなり突っ込んで書かれています。




まぁ、ぼくのミツレレは
15年以上使ってなんのトラブルもないので
あまり気にしていませんが^^;

ウクレレ弦って素材よりもテンションが重要!?

 ミツレレにフロロカーボン弦張りました。
3弦がサバレスで他はワースのCM弦。
※以前ワースの3弦だけ以前使っちゃったからです
深い意味はありません

IMG_20200204_140824


アコギの神様とも呼ばれている
トニー・エマニュエルがこんなこと言ってます。
「いつも同じ弦を張っていると、ギターがその弦に慣れすぎてその弦の豊かな倍音や美味しい部分が段々と出なくなってきて、その弦ではもう良い音がしなくなってくる。




真実のほどはわかりませんが、
最近はブラックナイロン弦ばかりだったし、
気分も変えたくてフロロにしました。


ハッキリ、キラキラとした音色。
ただ、ぼくにはちょっとだけテンションきつめ。
だけど、チューニングを半音、
もしくは全音下げると
テンションも音も心地いい。

一人でソロ弾きしてる分には
チューニングをあげても下げても
あまり関係ないし、
響きが変わることの変化も楽しめます。

普段使ってる弦でも
半音下げや半音上げなど
ちょっと変えてみるのもおもしろいですよ!




ブラックナイロン弦の太さだけ比較してみた

 ウクレレでブラックナイロン弦って言ったら
どのメーカーでも素材は一緒なんです(きっと)。

で、ぼくはブラックナイロン弦が好きで
色々試してきたけれど、
たぶん素材は一緒だから
太さで選べばいいんです。

そこで、各メーカーのソプラノ・コンサート用の
ブラックナイロン弦の太さを
インチ表示で一覧にしてみました。
※2019.9現在で購入可能な弦
※パッケージやHPに記載の太さ

ブラックナイロン弦太さ


個人的に気に入っている
FOEHN(フェーン)弦は太さが
表記なかったのですが、
たぶんGHSやフェイマス弦と同サイズです。
※根拠はぼくの感覚
(表の薄青)

で、カマカ・ラベラ
アーニーボールも同サイズ。
(表のオレンジ)

ダダリオはコンサート用のEJ53Cと
ソプラノ用のEJ53Sがあり、
ソプラノ用の方が太くなってます。
あと、独自の研磨加工により、
ザラッとした手触りがダダリオの特徴ですね。


こうやって表にして見ると
ブラックナイロン弦って4種類しかないです。
2弦はダダリオS以外0.032inchだったり、
3弦はもう少しいろんなサイズがあった方が
いい気もしますし、
いろんなことが見えてきますね。

ぼくの過去ウクレレ弦レビューは
下記からどうぞm(_ _)m



これを書いていて
ダダリオのソプラノ用は
未使用だったのに気づいたので
今度張ってみます。

ウクレレは弦と本体の相性で
音がガラッと変わるから、
いろいろ張り替えるのが
本当に楽しいんですよね〜


ギターじゃおなじみ、アーニーボールのウクレレ弦

IMG_20190912_083743

 ギター弦では定番のブランド、
アーニーボールのウクレレが新発売。
ブラックナイロンをさっそく張ってみました。

ボールエンドのついたカマカ弦でした。

▼紹介動画がおしゃれ
https://youtu.be/LZ2Os8J4gNs

各弦の太さはカマカ弦と一緒。
つまり、ぼくにとってはテンションきつめ。

弦の端には留め具があらかじめついてるので、
結ぶタイプのブリッジにも
簡単に取り付けられますが、
結んだ方がかっこいい気もします。


いろんなブラックナイロン弦を試してます。
太さによるテンションが変わるだけだから、
太さを見ればだいたい好みかどうかわかるのに、
ついつい色々と試してみたくなっちゃうんですよね(;^_^A



J65クリアナイロン弦、やっぱりダダリオはいい弦です

 先日出先で弦交換をお願いされ、
はじめて居酒屋で弦交換(^^♪

その勢いで帰ってから
自分のミツレレ(マホガニー)も
約4か月ぶりに交換しました。

▼えつよさんからのいただきもの
P5273033

ダダリオのクリアナイロン弦J65。
これは旧パッケージで、
今の型番はEJ65Sとなってますね。




気を付けなければいけないのは
アメリカンチューニング用の弦なんです。

▼note A/D/F#/Bとなってます
P5273034


でも、これを自分のウクレレで
レギュラーチューニング
G/C/E/Aにしてもあまり
違和感ありませんでした。

オールドウクレレなどに
あまり強いテンションかけたくない方も
使っているような弦のようですね。

実は2013年10月にも張っています。
・J65ダダリオホワイトナイロン弦
http://kadokuratakahiro.blog.jp/archives/52032324.html


ブラックナイロンの方が
少しあたたかみのある音ではありますが、
ナイロンというカテゴリーの中では
やはり似ている音ですね。


下記はダダリオのウクレレ弦ページ。
ブラックナイロン弦は
コンサート用より
ソプラノ用の方が太かったりします。

・D'Addarioダダリオ:ウクレレ弦
https://kcmusic.jp/daddario/ukulele.html



結局【太すぎないナイロン弦】であれば
クリアでもブラックでも、
表面がツルツルでもカサカサでも
ぼくは気に入るんです(;^_^A

マーチンの灰色ポリガット弦

 Martinの新しい弦。
AQUILA社と開発した
グラファイト・グレイ・ポリガット弦。
張ってみました。

変えて2週間ほどたちましたが、
総合評価【かなりいい!】です。

▼灰色の弦は新鮮
P4302406

クロサワ楽器の販売ページによると
より正確なピッチ、クリアなバランス、
優れたサスティーンを生み出し、
フロロ・カーボンの弦と比べてアタックの金属的な音が抑えられ
より自然にウクレレを鳴らすことが出来ます。
とのこと

数値上だと少し細めの弦で、
テンションは強く感じないです。

音量もあり、ピッチも安定してます。
ナイロンよりほんの少しだけ固い音。
1弦と4弦だけ気持ち太めなので
ソロ奏者にうってつけの弦だと思います。


下記ブログのレビューも参考になります。
・想定外、ウクレレ弦 - Seika ukulele community
https://seika-ukulele.amebaownd.com/posts/5604953



1セット1,300円台は高いけど、
それ以外のデメリットはあまりないかも。

ぼくの新しい愛用弦になりそうな予感です。



テンションの好み。ウクレレと弦の相性

 コンサートスケールのウクレレだと
テンション高すぎくんで、
(個人的に)めっちゃ弾きにくかった
カマカによく似たラベラ弦。

ソプラノスケールのウクレレに張ったら
抜群に好みの感じになりました。

DSC_6859


カマカによく似たラベラ弦は
とにかく太いブラックナイロン弦。
ソプラノに張るとほどよいテンション。
で、太さは全く気にならない。
※個人の見解です(;^_^A

カマカのコンサート弾いた時も
あまりテンションきつく感じなかった。
一般的なコンサートスケール380mmぐらいで
ぼくのミツレレはちょっとだけ長い390mm。

この10mmで感じるテンションが
ガラリと変わるからおもしろいんですよね〜






ウクレレ好き集合!
ウクレレopen Mic@silkroad CAFE
■日時 2019年2月2日(土)18:30 open / 19:15 start
■場所 錦糸町シルクロードカフェ JR総武線錦糸町駅北口徒歩3分
   東京都墨田区太平3-2-8 1F
■料金 出演者1,500円(+1 order)から、観覧のみ500円(+1 order)

やっぱり戻ってきた、お気に入りのフェーン弦

 太い弦はやっぱり好みではなかったので
ラベラに変えて2週間で
お気に入りのフェーン弦にかえました。

▼みだれた感じも好き
DSC_6758


やっぱりフェーンはいい弦だと思います!!




いい弦だと思うのですが、
フェーンを実店舗で売ってるの
見たことないんですよね〜


・ウクレレの弦を3ヶ月ぶりに交換、フェーン弦
http://kadokuratakahiro.blog.jp/archives/52182463.html
・低価格ながらかなりいいウクレレ弦みつけちゃったかも、FOEHN(フェーン)弦
http://kadokuratakahiro.blog.jp/archives/52130233.html

カマカ弦とめっちゃ似てる!?ラベラ弦

 楽器屋さんで偶然見かけた
ラベラ社のブラックナイロン弦。

DSC_6270

パッケージには
ブラックナイロンであることと
Model No.15の表記のみで
太さ等なにもわかりません。

とりあえず張ってみましたが
太いブラックナイロン弦でした。

太さが書いてある
海外製のパッケージを見ると
やっぱりカマカ弦と同じゲージです。

お値段的にも中身は同じものではないか?
と推測しますが、
Amazonでも取り扱っていないし、
同じものを見つけるのには苦労しそうです。

ぼくには太いから
見かけてももう買いませんが、
カマカ弦を探している方が
ラベラNo.15を見つけたなら買いですよ。





ウクレレ弦レビュー【Kamaka カマカ】

 ミツレレにカマカ弦を張りました。

P_20181113_231003

ブラックナイロン弦で異様に太いです。
楽器によっては加工しないと
張れない可能性もあるのが要注意。

太いのでテンションも高く
弦を押えるのに少し力はいるけど、
豊かな低音と音量があります。

値段はちょっと高めです。



カマカユーザー以外で
使っている人を見たことがなかったけど、
一度くらいはと思い張ってみました。

自分の好みはわかっていて、
ブラックナイロン弦が好きなんです。

だけど、各メーカーごとに
太さや表面の処理方法など
微妙に違いがあるから、
10年以上ウクレレ弾いていても
いろんな弦を試したくなっちゃうんです。

さらにウクレレは
本体と弦の組合せで
音が本当に変わりますよね。
さらに奏法にも合わせるとなると。。。

弦探しの旅はまだまだ続きます。


次回イベントはこちら▼
2018/11/18[日]かどさんストラム勉強会
■場所 ヤナギコーヒー 埼玉県飯能市赤沢545-2
■参加費
  勉強会&ライブ 2,000円
  入場料 1,000円(ペットボトル付)
  交流会 2,000円(カニドリア付)
■駐車料金 普通車 600円、軽 400円
■予約、問い合わせ ヤナギコーヒー 080-3350-0760
■タイムスケジュール
  15時30分 開場
  16時00分 WSスタート〜約60分
  17時15分頃 ジャカソロライブ〜約30分
  18時00分 交流会開始
  20時00分 終了
プロフィール

かど

東京都昭島市在住、前厄40才の会社員。ソロウクレレライブを軸に、得意のジャカソロワークショップやミニベーシストとしてのサポートとしてひっそりと活動中。好きな物は紅茶、消しゴムはんこ、サンドイッチ、ホットケーキ、ドーナツと梅酒で、占い師の嫁、ロボット好きの息子とのおだやかな毎日。

記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
訪問者数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メッセージ

名前
メール
本文
twitter