かどさんとウクレレ

ウクレレジャカソリストかどくらたかひろ38才会社員のブログ。働きながらマイペースで演奏活動を行っています。4 Strings For Life. 生活のすぐそばに音楽を。ウクレレを弾いて毎日をおだやかに。。。

ウクレレ弦

3/3[土]ジャカソロワークショップ
■場所 cafe tuoli 神戸市東灘区岡本1-14-18 2F ■時間 14時〜16時
■料金 1,500円+order ■予約 cafe tuoli 078-451-5860

3/18[日]ジャカソロワークショップ
■場所 池袋ウクレレマニア ■時間 11時〜13時 ■料金 2,000円
■予約 ウクレレマニア 03-6915-2236
♪蛍の光を課題曲に、右手に注目が行きがちなジャカソロを弾く時の、左手の動きを中心に解説します。右手の話ももちろんしますよ!ぜひ!!

研磨してある巻きLow G弦、FREMONT "SOLOIST"

 ウクレレマニアで買った見慣れないLow G弦。
マホガニーのミツレレに張ってみました。結構好きです。
FREMONT  LOW G STRING

Soprano - Concert - Tenor 用。
ソプラノウクレレなら2本分取れそうな長さがありました。

普通の巻き弦と比べて、キュッキュする感じが少ないのは研磨してあるから。
巻き弦が苦手な方も1回試して見る価値はあるかも知れませんね。

検索しても海外サイトばかりヒットします。
amazonでは売ってないようですので、
日本で購入希望の方は池袋のウクレレマニアさんへぜひ!!

・ウクレレマニア
http://www.ukulelemania.net/


フリーモント他Low G弦についてはMATTさんのブログが面白いです。
・Low-G巻弦への回帰 (2015年3月5日)
http://blog.goo.ne.jp/goomatt/e/c0499d09fba96142d832014b7a4b1192



久しぶりにLow Gチューニングにしたので、ウクレレメソッドで基礎練習に励みます!
ちなみにソロイストは英語で、ソリストはフランス語。
弦を買って語学の勉強にもなりました(^^)



音の変化を楽しむ弦交換

 マホガニーのミツレレ弦を約5ヶ月振りに交換。
ミツレレが2本になったことで、交換サイクルが長くなりました。

マホ&GHS

Neotenic Soundのレッドラインナイロン弦からGHSブラックナイロンにしました。

ウクレレは弦によって音がかなり変わる楽器で、
弦交換した直後に比較することでそれぞれの特徴がとてもよくわかります。

レッドラインナイロン弦はサスティーン短めでジャカソロに合いそうな音。
GHSは手に入れやすいウクレレではおなじみのナイロン弦。
比較対象がないと耳も慣れてしまい、特徴がわかりにくいので弦交換直後が勝負です!

マホガニーのミツレレはまだレッドラインとGHSしか試していないので、
しばらくはいろんな弦を張ってみようと思っています!


・ミツレレに赤いナイロン弦を貼ってみました!
http://kadokuratakahiro.blog.jp/archives/52132491.html


ナイロン弦と釣り糸の組合せ

 1,4弦にGHSブラックナイロン、
2,3弦に以前いただいたフロロカーボンの釣り糸を張ってみました。
2弦はクレハシーガー16号、3弦はクレハシーガー20号です。

image

見た目には違和感があり、1,4弦がクッキリ見えます。
合わせて音も1弦の音がクッキリする感じで、ソロ弾きに合いそうです。

浜松の本郷ウクレレも出荷弦は2,3弦に釣り糸を使用とのこと。
見た目が気にならなければ結構いい組み合わせだと思います。

とはいえ、プラスチックボディのFLEAは公園などに持っていくお気楽ウクレレ。
音が出れば細かいことは気になりません(^^)


・Hongoh Guitars : 弦
http://hongohguitars.blogspot.jp/2012/04/blog-post_21.html
・釣り糸の弦
http://kadokuratakahiro.blog.jp/archives/51728336.html





GHSの2弦と3弦のみ交換しました

 またGHSのブラックナイロンでハズレを引いてしまいました。
2弦と3弦のみ音が合わないので同じGHSに交換。
おかげで1弦と4弦ばかり余りがでてきています(^_^;)

GHS1,4弦

ちょっとのズレだったのでしばらく交換したら安定するかな?
と思っていましたがダメでした。

GHSの弦は文字通り精度に大きなバラつきがあります。
大きなズレもあれば小さなズレもある。
もちろんちゃんと音程の合うものもあります。

以前使ったフェーン弦やつり糸とGHSの併用なども考えはじめていますが、
大量購入したGHSがまだ5セットほどあるし、愛着もあるんですよね〜。。。


・弦の精度
http://kadokuratakahiro.blog.jp/archives/51977017.html
・2弦だけ弦交換しました
http://kadokuratakahiro.blog.jp/archives/52078871.html
・低価格ながらかなりいいウクレレ弦みつけちゃったかも、FOEHN(フェーン)弦
http://kadokuratakahiro.blog.jp/archives/52130233.html




ミツレレの弦をGHSに戻しました

 ミツレレの弦をFOEHNから、マイ標準弦のGHSに戻しました。
やっぱりミツレレに合います!!
image

FOEHN(フェーン)弦は約3ヶ月使いましたが、不満なし。
ほんのすこしだけテンションが違うGHSって感じで、
比較対象がなければ気がつかないくらい似ていると思います。
GHSのストックがなくなったらまた購入予定。

FOEHNのブランド力はまだありませんが、今後使う人が増えたらいいな〜
以前気に入った弦があったのですが、あまり売れなかったのか、現在入手不可です。
出たばかりの弦は買って応援しないとなくなっちゃう可能性もあるんですよね(^_^;)

おなじみGHSブラックナイロンはちょっとゆるめのテンションで
コード弾きするにはもってこいだと思います。

・低価格ながらかなりいいウクレレ弦みつけちゃったかも、FOEHN(フェーン)弦
http://kadokuratakahiro.blog.jp/archives/52130233.html





ミツレレに赤いナイロン弦を貼ってみました!

 マホガニーのミツレレにプリアンプ『Pure Ukulele』でおなじみ、
Neotenic Soundのレッドラインナイロン弦を張ってみました!

レッドラインナイロン弦

1、4弦がGHSブラックナイロン弦よりちょっと太く、独特な響きです。

福井ウクレレクラスタ楽音のがっくんも試したようで、
ブログに弦の太さ比較もあるレポートがアップされています。

・NeotenicSound レッドラインナイロン弦
http://fukuiukulele.info/?p=5634


太い1、4弦のサスティーンがちょっと少ない感じ(?)でポコポコとクセのある音。
太いだけあってちょっとテンション高めで、コードストラムやジャカソロに合うと思います。
このセッティングで動画も撮りました。

https://youtu.be/MJnitb3u-3M

テナーでも2回分とれそうな長さで定価1,200円(税抜)は安価な部類ですね。
スプルースやネイプルなど、白っぽいウクレレに張ったら鮮やかだと思います!
赤い色が音にどう影響しているかはわかりませんが、
黒やクリア弦よりも目を張るものがありますね!!

と、ここまで書いたあとに関西のたらすなさんブログも発見。
・Neotenic Sound の レッドライン
http://blog.goo.ne.jp/girogiro_001/e/3d2263bf877962ba1ab03274c59a414c

Neotenic Sound製品を多く愛用しているたらすなさんならではのレポートです。
ピックアップ乗りがよい弦とのことですが、
ピックアップのついていないウクレレに張ってしまったぼくです(^_^;)


・EFFECTORNICS ENGINEERING
http://www.effectornics.com/
・基準弦、GHSブラックナイロン
http://kadokuratakahiro.blog.jp/archives/52021381.html
・Pure Ukuleleを試奏して来ました
http://kadokuratakahiro.blog.jp/archives/52045140.html
・Pure Padを試奏してきました
http://kadokuratakahiro.blog.jp/archives/52101980.html


低価格ながらかなりいいウクレレ弦みつけちゃったかも、FOEHN(フェーン)弦

FOEHN弦

 エレキギター・ベース、アコギ、クラギ、コントラバス/ウッドベース、チェロ、バイオリンと
様々な弦を展開しており、有名ブランド弦のOEMも手がける工場で製造されているFOEHN(フェーン)。
ミツレレユーザーのノリさんが『GHSに似た弦』とブログに書いていたのが気になり試してみました。

結論としては、(2015.12現在)1セット398円。まとめ買いで1セット310円と低価格ながら、
安心のFinest Made Japanで弦の安定も比較的早いブラックナイロン弦。
ほんのわずか弦のテンションが高い気もしますが、
音も含めてGHSブラックナイロンととてもよく似た弦でした。
これはもう、言われないと気づかないレベル。

GHSのような2,3弦の精度が低いと言うこともなさそうだし、
かなりいい弦を見つけてしまったかも知れません。

どうしても比較対象がGHSになってしまいます。
ブランド力はないですが、今後広まっていって欲しい弦です!

まだ張りたてですので、後日動画でもアップしますね!

ウクレレマガジンvol.14にはダダリオの弦が新しくなったとありました。
ミツレレにはGHSと思っていますが、また弦探しの旅がはじまってしまいそうです(^_^;


HPもあります↓
・FOEHN(フェーン)
http://foehn.jp/
・ウクレレの弦、交換していますか?
http://kadokuratakahiro.blog.jp/archives/52091190.html




2015/12/27追記
パッケージにはFinest Made Japanと共にMade in Chinaの文字もあります。
最終確認を日本でしているということでしょうか!?
ぼくがMade In Japanと勘違いしていたので訂正してお詫びしますm(_ _)m
とはいえ、なかなかいい弦だと思っています。
フェーンmade in china

初めてミツレレにLow G弦を張ってみました!

 普段High-Gばかり弾く僕ですが、Low-Gに興味がないわけではありません。
ジャカソロにはHigh-Gが合うと思っていますが、
僕のフェイバリット、キヨシ小林さんはLow-Gでも華麗なジャカソロを聞かせてくれます。

そこで、Famous Aranjuez Low G弦、1〜3弦にはGHSブラックナイロンを張りました。
この組み合わせはキヨシさんも使用しているセッティング。
4弦だけ巻き弦で色も違うので見た目の変化も大きいです。

image

4弦を変えるだけで全体の音の印象もガラッと変わりますね。
結構気に入っています。

現在、もう1台のミツレレはケース製作会社エコーポップにあずけているので、
しばらくはウクレレメソッドを引っ張りだしてきて、Low-Gの練習に励んでみようと思います。
弦が安定してきたら動画もアップしますね(^^)

新しいミツレレはLow-Gも張れるように、結ぶタイプのブリッジで、
Low、High用ににそれぞれサドルを作ってもらっています。詳しくはレポートをどうぞ。
・オーダーウクレレTatsuya Mitsui Type R No.318 レポート
http://kadokuratakahiro.blog.jp/archives/52099265.html



GHSウクレレ弦10セット大量購入しました!


 僕がいつもチェックしているブログ
まいどさんのウクレレを楽しもうでお買い得情報をゲットしました。

・う〜む安い GHSのブラックナイロン弦
http://enjoyukulele.com/4082


定価540円。Amazonの最安値が12個セットで4,200円。
紹介されているサウンドハウスでは送料別ながら1個税込み237円。
圧倒的な安さでしたので、早速10セット購入しました。

送料324円でトータル税込み2,694円。単価269.4円。

楽器や照明・ステージ機材などをどこよりも【激安特価】で提供するサウンドハウス。
名前は知っていましたが、はじめての注文でした。
ネットで注文→メールで見積もりが来る→銀行振り込み→発送までとてもスピーディでした!!

GHSは弦の精度がイマイチですが、10セットあれば安心です(^^)


・ウクレレを楽しもう!Enjoy ukulele.com
http://enjoyukulele.com/
・サウンドハウス、GHS ( ジーエイチエス ) / H-10
http://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/131149/
・ウクレレの弦、交換していますか?
http://kadokuratakahiro.blog.jp/archives/52091190.html

オルカスとGHSでミックス弦

 1週間前に変えた弦をまた変えました。
オルカスのフロロカーボン黒のライトゲージを張っていましたが、
やっぱり細さが気になるので1弦と4弦のみGHSに張替えです。

張替えはあっという間に完了。
色に大きな違いがないので見た目はあまり違和感ありません。
14のみGHS

しかし、弦をミックスさせたことにより太さのバランスがおかしい。
下記マーカーが今張られている弦です。
オルカス 1弦0.49mm 2弦0.64mm 3弦0.73mm 4弦0.55mm
GHS    1弦0.63mm 2弦0.81mm 3弦0.91mm 4弦0.71mm

1弦&2弦、3弦&4弦がほぼ同じ太さになりました。
3弦&4弦がほぼ同じと言う事で、オルカスライトの細さがよくわかります。
弾きにくさは感じないですが、音のボリュームが少しおさえられた感じがします。
逆に言うと、1、4弦が太い事でソロ弾きのメロディはよりくっきりとするのでは?と思っています。

1、4弦のみGHSと言うのは浜松の製作家本郷さんの基本セッティング。
日常的に弦を張り替える製作家さんがGHSの精度と音について書かれています。
2弦はシーガーエース16号、3弦はシーガー26号との事です。
・Hongoh Guitars:続・弦
http://hongohguitars.blogspot.jp/2015/01/blog-post_24.html



オータさんはLow-Gセッティングの1、2、3弦に同じ太さの弦を使っていたと言う話があります。
High-Gなら4本とも同じ太さで行けそうですね。
聞いた事ないですが、試して見た方いたらレポお願いしますm(_ _)m

・オルカスのフロロカーボン弦レポ
http://kadokuratakahiro.blog.jp/archives/52100154.html






プロフィール
記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
訪問者数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メッセージ

名前
メール
本文
twitter